フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

再びハナ差。ウオッカ様ジャパンカップを制すの巻

ハナ差。ウオッカ様は、ハナ差が御好き?
思えば昨年の天皇賞。ダイワスカーレットとの死闘を2cmの差で制したのもウオッカ。
そして、今日。ウオッカ陣営が喉から手が出る程欲しかったジャパンカップ。
秋の2連敗のうっぷんを晴らすように、ウオッカが勝った!

昨年の天皇賞の時よりもすんなりと確定したから、もうちょっと差があったんだろうけど、またハナ差。

そう、今日もウオッカを感じに東京競馬場に行った。今日は指定席が確保できていなかったので、始発電車にゆられ、府中本町へ。
目指すは、このジャパンカップ!数えて29回目。未だ牝馬が優勝したことがないレース。
はたして今日は??
P1000801 P1000804 P1000809 

お昼休みには、元テニスプレイヤーの杉山愛さんと、なぜかゲゲゲの鬼太郎などがイベントを実施。
P1000815 P1000816

そして15時前、パドックには18頭の精鋭が顔をそろえた。
どの馬もすごい仕上がりだった。そんな中、私が気になったのは、エアシェイティ(去年の有馬で3着にきてお世話になったし)、牝馬2頭、つまり、ウオッカ、レッドディザイア。ウオッカは、相変わらず落ち着きはらって歩いている。レッドディザイアと並んだ絵は、新旧女王の行進といった感じ。甲乙つけがたい。それから、ウオッカを下された武豊が乗るリーチザクラウン(武豊の意地が見たいから)。
P1000817 P1000818 P1000835
P1000837 P1000820

それと、最初は買うつもりがなかったんだけど、パドックの中でひときわ目立った1頭。究極の気合いのりで、こりゃ押さえておかなきゃと思ったオウケンブルースリ。抜群の出来だったな、ほんと。
P1000821

そんで、本場場入場。やはりレッドディザイアとウオッカが気になるというか、応援したくなる。別に女好きというわけではないが、この2頭、特に好きなんだよなぁ。人間の世界と同じで、最近は、女性の活躍がすごいですねぇ。
P1000856 P1000859 P1000865

しかし今日は人が多かった。満員御礼。馬券を買うのも一苦労だった。
そんな中、いよいよスタート!
ウオッカも抜群のスタート。武豊リーチザクラウンは、やはり先頭で引っ張る。
P1000870 P1000872 P1000873

ゴール手間、ウオッカ先頭!大外から、やっぱり来たぞ、オウケンブルースリ。ウオッカとの馬連を買ってるには買ってるけど、ウオッカを抜かないで!あ、抜かれたか?ああ、、どっち!?という感じでゴール板。
VTRが流れるけど、自分の席からだとどっちが勝ったかわからない状態。去年の天皇賞と同じだ。
ただ、天皇賞の時程待たされることなく、確定のマーク!
5、10、6の順。

ウオッカが勝った。何かを持っている馬だ。ファンも多いのでJRAもこれで一安心では?
そして、2着にはオウケンブルースリ。これは来年の春の天皇賞はこの馬かな?って思える強さを感じた。で3着には、3歳のレッドディザイア。3歳で3着は、ウオッカの3歳の時以上。この馬も、ウオッカの後を継ぐ、女王様ですね。応援しつづけよう。
P1000874 P1000875 P1000877 P1000882

そして、表彰式。ウオッカをまとうジャパンカップ。美しい。
ちょっと美しすぎたので、動画でどうぞ!

ね、美しいというか優美ですよね。
で、表彰式でプレゼンターを務めるのは杉山愛さん。花束を渡すのは、武豊ではなく、ルメール。ここが武豊なら更によかったと思うんだけど。。。谷水オーナ、ま、勝てたからいいんでしょうけど、このあたりどんな心境なんでしょうか?
P1000886 P1000890 P1000893 P1000895
P1000900_2 P1000902 P1000906 P1000907

最終レースが終わった後には、もうライトアップされている東京競馬場。日が短くなったなぁ。杉山愛さんと、レース回顧。世界を股にかけて活躍した杉山愛さんがゲストの日。やはり牝馬の活躍が目立ちましたね。
P1000910 P1000915 P1000921

そんで、今年の東京開催は今日で終わり。また来年の1月末開催までお休みだ。有馬記念に向けては、千葉の中山競馬場だからね。

私は、やっぱ府中が一番好きだなぁ。

ウオッカ様は今日でG1レースを7勝目。そのうち6勝が東京競馬場。
ウオッカ様も東京競馬場が大好きなんだな(*^^)v
さて、引退するの?それともまた走るの?
P1000922 P1000924

ま、いずれにせよ、今日も感動をありがとう!

今月2度目の土曜出勤

真っ青で爽やかな土曜日。
うーん、仕事してる場合じゃないな、といいつつ、出勤した今日。

雨の日の休日出勤も嫌だけど、こんないい天気の時の出勤も複雑な気分。
人間はわがままなのである。

明日はお休み。府中で息抜き。ジャパンカップ観戦だ。
なんとなく予感がしていたが、武豊はウオッカから降ろされた。

武豊の意地も見てみたいし、はじけるウオッカも見てみたい。
複雑な心境。

よって、ヨガはお休み。

あ、そうだ。最新のヨガジャーナル日本語版(第8号)の123ページ。
我らがBody & Mind Yogaの、ハンディキャップヨガの模様が出ているよ!
表紙は、リカコさんです。本屋さんへGo!

3連休の締めもヨガ、「更なる股関節」峯岸道子先生ワークショップ

股関節。あらためてここ1点に着目するワークショップ。
3連休最後の勤労感謝の日。自らの勤労に感謝しつつ、横浜は関内のBody & Mind Yogaスタジオへ足を運んだ。

タイトルが「更なる股関節!」ということで、峯岸流ワークショップでは、何度か着目している部位である。

あらためて考えるに、股の関節で股関節。
はじまりは、自ら股やらお尻やらをマッサージするところから。
押すと痛い所を重点的に、という師、峯岸道子
ここ2日間のヨガで、そこかしこが痛い私には、忙しいマッサージとなった。
「今日は(受講料の)2,500円分開かなきゃ」
と、いつものジョークも滑らか。
総勢、先生をいれて34名。ぎっしり満員のスタジオは、熱気ムンムンだった。
P1000733 P1000739 P1000741

とにかく股関節のスジやら大腿部のスジやらをぐいぐいと延ばす。
決して柔らかくない私のスジではあるが、いわれた通りの形になると、伸びていくのがわかる。いたきもーーーって感じ。
おりしも今は大相撲九州場所。BMYが誇る、峯の山のシコ踏みをご覧あれ(笑)
しかし、いつ見ても足長いねぇ。
P1000742 P1000743

そして、お得意のペアワーク。
お、痛そうねぇ。らくだのポーズも、ロープがあるから安心してそっくりかえることができる。
P1000744 P1000746 P1000747 P1000749

そんで、開脚。これ、私は太ももの裏のスジが硬く、まったく開かない。峯岸先生は、ジョン先生の真似をして、オプション1、オプション2のくだりを出してきた。このあたり、さすがエンタテナーティーチャーですなあ。
開かない人はブロックを積み上げろ、ってことで、私なんざぁ、3個も積んだわい!
P1000750 P1000751 P1000752 P1000753

そんで、足の裏を合わせて押しあったり、ハッピーベイビーのポーズを、上から押さえつけたりして、仕上げはピジョン。
を、なかなか皆さん開いてますねぇ!うらやましい。
ロープで練習するかたも大勢。それぞれの股関節ワークショップを楽しんでいます!
P1000756 P1000757 P1000760 P1000762

峯岸先生も、自らの股関節を延ばしつつポーズ!
P1000764 P1000767 P1000770

最後は、使いまくった股関節等をほぐす。ほぐさないと、へろへろガニ股になっちゃうよーと、笑いを振りまく峯岸ウォーク↓

アッという間の2時間。皆さん、きっと2,500円のモトは取ったでしょ(笑)
で、この笑顔。お疲れ様でした!
P1000774 P1000776

肝心の私は、ガチガチの股関節のため、綺麗なピジョンなど程遠く。ただ、ストレッチの仕方のヒントをたくさんもらったので、スポーツクラブ行った時とか、意識的にストレッチしてみようと思います!

もともとガニ股なので、帰り道も、いつものガニ股だったことはいうまでもありません^^;

自分でアジャストするという感覚

アジャスト=adjust。
辞書をひいてみると、「合わす,調整[調節]する;適応[順応]させる」とある。

ヨガを教わっていると、先生からアジャストされることが多い。
そういえば昨日も、ジョン先生や一緒に受けた人からいろいろとアジャストをされたっけ。

今日の日曜夕方恒例のスポーツクラブでのヨガ。
峯岸先生が発した言葉に、ハッとした。
ちょうど、体を横にして、脚で踏ん張ってた時、
「もう一つ、軸足で踏ん張って。そうそうそう。変わるでしょ。」
アジャストは、自分でするんだからね。」

ほんとだ。
軸足を踏ん張ると、体がもう一つ広がった。
天井が見えて、気持ちいい。

なるほどねぇ。
ヨガの先生がアジャストするのも、そこに気づきを得てもらうためなんだろうなぁ。
結局最後は、自分。

そんなレッスン。開始直後は、峯岸先生はなんとなくお疲れ気味にみえたんだけど、あまりの寒さのせいかな?ただ、後半から峯岸流炸裂でした。エンジン全開。
「ここで腰が痛い人。痛くないコツがあるんだけど、知りたい人は関内のスタジオへ。」と、宣伝も全開!
それから、立ち上がる瞬間の、擬音。「ひゅーーっ。」
今年のヨガフェスタで出た、峯岸先生のヨガインストラクター向けクラスでもいってたっけな。変にしゃべるより、擬音を出して体で見せる方がよっぽどわかってもらえる時もあるって。

以前もあったけど、3方向のベクトルの話を交えた1時間コースは、気がつけば10分延長で、いつも以上の汗とともに、ちょっとした気づきのあったレッスンでした。

さ、明日は午前から股関節のワークショップ。どんな変化と気づきがあるかなぁ。

ジョン先生のワークショップ その2

昨日に引き続き、ジョン先生のヨガワークショップの様子を。

昨日書き忘れましたが、ジョン・オギルビー先生は、バイロンヨガセンターの創始者。オーストラリアの陽気な先生です!John Ogilvie先生と書きます。オーストラリアのバイロンベイという所で、でっかいヨガスタジオを経営されている社長さん、ばりばりのビジネスマンでもあります。

まずは、温かいジョン・オギルビー先生の真骨頂。アジャストの様子をご覧あれ。ま、先生のやさしいアジャストもすごいけど、この場合、生徒さんもすごいっちゅう話ですな。
私など、これをやれといわれても、今は無理ですから。
ジョン先生も、見本を見せる時に、適材適所で生徒さんを選んでいるんだろうなぁ、、

そうそう。貴重な体験をさせていただきましたヨ!

まずその1。縄縛りショー!?
今回は、ロープやらブロックを駆使したレッスンだったんですが、女性お二人、しかも一人は峯岸先生という豪華な縄縛り(失礼)、アジャストに、思わず興奮!!
P1000704

その2:ジョン先生との愛の抱擁!?
後屈からブリッジに入るためのアジャスト!
それはそれはやさしいお顔で見つめられ、愛の抱擁から、バックバンドへ!
男性にもやさしいJohn Ogilvie先生、シャンティ、シャンティー。
P1000708 P1000709

その3:ビーガン体験
ワークショップが終わった後、John Ogilvie先生は、お肉とお魚などは食さないビーガンってことで、近くの小料理店にお願いしてあったビーガン向け懐石とやらをパクリ。肉も魚も大好きな全然ヨガ的ではない私は、最初は期待していなかったんですが、工夫された料理に思わずうなり、そして、感動したっす。ごちそうさまでした。
下の写真は、うなぎの蒲焼に見立てた、湯葉を揚げたお料理。裏には海苔がはっつけてあり、うなぎの皮に見立てる凝りよう。恐れ入りました。
P1000729

ジョン先生は、この日の朝は、ヨガジェネレーションさん主催の祐天寺でのワークショップを9時からやられてからの横浜BMYでのワークショップでしたから、かなりお疲れだったと思うのですが、そんな所はまったく見せず、すごくパワフルかつ優しさを感じる御方でした。人としても、ビジネスマンとしても、いろいろ学ぶ所があった一日でした。

最後にもう一度、ジョン先生の口癖で締めくくりましょう!
シャンティ、シャンティー!

来たぞ、3連休!初日は、ジョンオギルビー先生のWSでい

先週の日曜は、ヨガを休んだから、2週間振りのヨガということになる。
だけど、この連休は、3日間ともヨガをやる!まさに、ヨガ三昧。

そんで、初日は8月に参加して、温かい雰囲気に思わず引き込まれてしまった、ジョンオギルビー先生のワークショップ。峯岸先生がアレンジして、関内のBMYスタジオで、16時半からたっぷり2時間。ペアワークを中心とした楽しいクラスとなった。いつもは教えてくれる峯岸先生も、生徒として参加! ピンクのウェアのお背中が美しい!?
P1000728 P1000681 P1000682

相変わらずのジェントルマンかつ、ユーモアたっぷりのクラスで、ほんわかとクラスは進んだっすね。で、ペアワークをやる前に、ジョン先生がアジャストの見本を見せてくれるんだけど、「ボランティアー」と掛け声よろしく、目を付けた生徒に、しっかりアジャスト!
P1000684 P1000716 P1000693 P1000699
P1000701 P1000718 P1000720_2 P1000724

そして、定番の「シャンティ、シャンティー」も健在。それぞれのポーズについて、難易度順に、オプション1、オプション2、オプション3と、3つのポーズを用意してくれるところは、前回と同じく、ありがたい。

たまに、オプション1、オプション2までしかなくて、あ、もう始めるのね、ってこともあったけどね(汗)

私自身も、結構先生からアジャストいただき、ありがたいことでした!
この辺りは、また明日にでも詳細レポートしますね!

参加されたかたの笑顔は、この通りです!
ジョン先生、通訳の方、そしてアレンジしてくれた峯岸先生に、シャンティシャンティー!
P1000725

そして、明日は毎度のスポーツクラブでのヨガでござい。

横浜西口の茜空

この土日の横浜は、荒れた土曜日と快晴の日曜日。
両極端な空模様だった。

土曜日の夕方、横浜西口の東急ハンズに買い物にいく途中、なんだかラーメン博物館の中のアトラクションか?っちゅうくらい綺麗というか不思議な空を見た。

雨上がり、そして、明日の快晴を予感させる夕焼け。茜色。
ただ、ちょっと怪しげな空。
大勢の人が、携帯やデジカメで撮影してたっけ。

私もデジカメは持っていなかったので、携帯でパシリ。
ほら、なんだか不思議でしょ?
091114
2009/11/14 横浜西口にてドンキ前にて

ヨガ界激震!DREAM GIRLS PROJECT

「ゆめよが」としては、この話題に触れないわけにはいきません。

いわずもがなですが、ゆめ=夢=DREAM。
そのDREAMに、GIRLSを加えたプロジェクトが発足。
その名も「DREAM GIRLS PROJECT」
日本的にいえば、「夢見る少女計画」か。

その昔、夢見る少女じゃいられない♪、と唄ったのは相川七瀬
彼女のデビュー曲。カッコいい曲だった。

一方、「DREAM GIRLS PROJECT」は、我らが峯岸道子先生、そんでもってACO先生Kyoko先生というカリスマ女性ヨガインストラクターが発足させるそうな。

そういえば今年のヨガフェスタが終わったみなとみらいでのお祝い会の時、峯岸先生がいってたっけな?すごい人達とさっきまでお茶しながら来年の計画立ててたんだって。これだったのか。。

ヨガを通じて、女性のこれからの生き方と自立を支援するそうな。
GIRLSとあるので、女性しか参加できないんだろーって思ってたら、そんな女性を応援する男性の参加もOKってことらしい。
なんかこっぱずかしいけど、遠慮せずに参加してみっかな。

妻が参加して、完全に自立しちゃうのがちょっぴり心配(汗)。。。

第一弾は、来年の1月10日、11日。
成人の日にぶつけてきた!
新年そうそう、目が離せないなぁ。

ま、ゆめよがとしても、この計画を応援するってことで、リンクさせていただきやすぜ!

自分の体と駆け引きする楽しさ

昨日も土曜というのに出勤。最近忙しい。
そんな忙しさの合間の日曜夕方ヨガ。うれしい時間の1つ。
今日は、いつも以上に汗だくだった。

先週が天皇賞観戦のためお休みしていたこともあるだろうが、峯岸先生のレッスンを受けると、いつも汗だくになる。心地よい疲労感というか、達成感というか、、、
加えて、たっぷりの汗。

先生は、シャバアサナを終えた後の時間を大切に、といつもいう。
今日のその時間、私は体の中の血液の流れを感じたし、体がなんだか温かい感じだった。

スポーツクラブのレッスンは1時間。この1時間、自分の体とだけ向き合うというのは、すごいことかもな。

今日も、仙骨やらグラウンディングやら、それから新しい所では、アキレス腱などに着目しつつ、自分の体と向き合ってみた。
ちょっと自分の体と駆け引きするだけで、すごく違いを感じるから不思議。
こんな駆け引きを楽しめるようになってきたから、ヨガが楽しくなってきた。

ストレス社会にとって、ヨガってぴったりかもナ。

来週は代行だそうな。
代行の時は行かないので、また一週間とんじゃうなぁ。残念ーーっ。

読売巨人軍日本一

7年ぶりだそうだ。巨人軍が日本一になった。
原監督、巨人軍の皆様、おめでとうございます!

今年の巨人は、飛び抜けて強かったなぁ。

親子3代、ねっからの読売党の私にとっては、なんだかうれしい。
今年は、球場には一度も行けなかったのは残念だけど。

何事もそうだけど、やはり生で見るのが一番!
毎年行っていた夏の高校野球の神奈川県大会の決勝戦も、今年は平日に組み込まれてしまった関係で、行けなかったし。

来年は、行こーっと。

御岳山再び、そしてアルダチャンドラアーサナ

晴れの特異日だそうな。今日、文化の日。

昨日の雨でほこりを取っ払った空気が、凛としていて気持ちがいい。
そんな中、来年のゴールデンウィークに、峯岸先生の計らいで、ジェイソン・クランデル先生のヨガが行われる御岳山に、再び散歩へ行った。
この間いった時の様子は、こちらで。

ぼちぼち紅葉が始まっていて、赤と青のコントラストに、思わず唸った。美しい。
来年二泊する予定の御岳山荘さんも、真っ赤な紅葉で、先日とは違った印象。
P1000591 P1000593 P1000595 P1000597

この間は行けなかった武蔵御嶽神社。こちらは昨夜雪が降ったようで、うっすらと屋根に雪が残っていましたよ。東京も広いですねぇ。
P1000600 P1000606 P1000607 P1000610

そして、神社を後にして長尾平に向かう広場。すばらしい景色の中、ヨガをやりたくなったんで、ちょっとかわるがわるやってみました。前回は、峯岸道子先生がカッコよくポーズをきめてた所のちょっと先です。私たちが選んだアーサナは、アルダチャンドラアーサナ。なんでじゃ?この青空に半月か?ま、いいんですよ、遠方に東京の街を見下ろしつつやったアルダチャンドラは、ジーンズだったから脚もあんまりあがってないけど、気持ちよかった!
P1000612 P1000617

そして、七代の滝天狗岩。周遊コースをくまなく歩いてみる。本当に凛とした空気、緑から放出されるマイナスイオン。気温は12月上旬とのことだったが、歩くとちょうどいい感じで、かえって好都合だった。
P1000623 P1000624 P1000628 P1000630

おいしそうにお弁当を食べる人々を横目にロックガーデンを抜けると、今度は綾広の滝。こちらもマイナスイオンたっぷり。手前には、背の高いお浜の桂。ここ御岳山には、名木が多いです。
P1000632 P1000633
P1000640 P1000647

名木といえば、天狗の腰掛け杉。こちらも樹齢300年は超えているようです。その昔、天狗が腰かけてたんでしょうかね?
P1000655_3 P1000658

で、神代ケヤキの所まで戻って、まだまだ時間があったので、日の出山まで足をのばしてみることに。片道3kmくらいですが、ほどよい上り下りで、気持ちよく散歩できましたよ。
で、頂上について、感動もの。360度見渡せる風景は、それはそれはすがすがしい。
関東平野を一望。澄んだ空気なので、わが街、横浜も一望。ランドマークタワー、ベイブリッジは、しかと確認できましたよ。見えるかな?
P1000662 P1000663 P1000664 P1000666 P1000668

で、後はそそくさと帰り途。同じく3kmを歩いて戻ります。御岳山駅からも、実は新宿都心を見降ろせます。いやー、すばらしき風景だったなぁ。
P1000670 P1000671 P1000672

こうやって久々にハイキングを楽しめたのも、ヨガと出会って知ったこの御岳山のお陰。ヨガに感謝しつつ、来年のゴールデンウィークにまた来てみるつもりです!

ウオッカは跳ばなかった

すっきりしなかった。
秋の天皇賞。なんとなく不安はあったが、本当に負けるとは。

ウオッカは、もう一度勝つだろうか?
いや、勝ってもらいたい。

ということで、天皇賞(秋)。開門7時55分。
私はC指定席が当たっていたので、8時頃に西門から入場。もうこんな人。
そして、目指すは盾。
P1000475 P1000479 P1000484

そんで、ゲストはAKB48。お昼休みは華やかでした。あ、写真禁止!?だっけ?
P1000493 P1000511 P1000513

パドックは、9レースの頃から2階の最前列で待機。見下ろすパドックは、人の波。
そして、やってきた。一番に目についたのは、カンパニー。そして、追い掛け続けているウオッカ。今日も落ち着いてるゾ!なぜに牝馬でこの迫力があるのか?美しい。
P1000519_2 P1000521 P1000538 P1000548 P1000557

そして、武豊ジョッキーを背に、いつもの黄色と水色の勝負服。
今日は、府中にもこのウオッカの勝負服のファンが大勢いましたね。
P1000567 P1000571

そんで、レース。東京競馬場のターフビジョンはでかい。
6FのC指定席からだと、こんな感じです。
いつものウオッカの返し馬。埒沿いをゆったりと武豊。今日もいい感じです。
くしくもターフビジョンには、昨年の激戦。2cmの差でもぎ取った盾。そういえば去年も応援に来てたっけなぁ。
P1000574_2 P1000576_3 P1000579 P1000580

で、負けた。前がふさがった。
勝ったのはなんと、8歳で初のG1制覇。カンパニー。おめでとう!
P1000582

さて、ウオッカの次走は、ジャパンカップの予定。
ついに一番人気から陥落するのか?武豊が乗るのか?そして勝つのか?
いずれにしても、またウオッカを感じに、府中に行くつもりだ!

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

お気に入りの持ち物

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック