フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

生活習慣体=脚の外側の筋肉

先週の今頃は、バリにいた。
そして、今週は、いつもの日曜夕方スポクラヨガ。ルネサンス港南中央にいた。
日常生活がはじまっている。

今日のヨガ。
峯岸先生の言葉で心に残ったのは。。。
「3歳、4歳の頃は、体はニュートラルだった。ヨガは、その3歳の頃に戻していく練習のようなもの。」
という所。

バリリトリートの話に戻すが、今回、バリでは、車で移動することが多かったんだけど、峯岸先生の隣に陣取ることが多かった(*^^)v。普段気になっているガニ股について、師匠に聞いてみたら、、、

「ほら、そのひざ下の脚の外側の筋肉が、ガニ股を表わしてる。」、と。
「え?普通の人はどうなんですか?」と聞けば
「両脇に均等に筋肉がついてます。」と、自分のオミアシを見せて説明してくれた。

おー、いわれてみれば私の膝の下の脚には、外側に筋肉があるが、内側にはない。
ずっと外に力を入れて歩いているからこうなったんだなぁ、私の脚よ。

「このままいくと、膝が痛くなって、膝痛と付き合いながら生きていかねばならぬよ。」と、師匠。そうならないようにしたいもんだなぁ。。。

ってことで、内側を意識して、そして脚の親指側に力を入れて歩いてみよう!と誓った。
もちろん、ヨガのときも。

話は少し変わるが、リトリートの楽しさは、こうして普段あまり話をしない所まで、先生やメンバーさんと会話できること。
そういえば、初参加のメンバーさんも、もっと先生とヨガの話がしたい、っていってたね。
是非、これから、いろんなイベントで会話できるといいね。

さて、話を戻そう。
今日のスポクラヨガでの峯岸先生の言葉を聞いて、ふっと、そのバリでの出来事を思い出した。

実は、今日のレッスンでも、ずっと内腿、拇指球を意識して動いてみたんだ。
レッスンだけでなく、歩く時も。

そう、これをしばらくつづけてみるつもり。
すぐってわけにはいかないけど、少しはニュートラルだった頃に近づくかなぁ。

バリ絵巻(2010/03/22 その3) バリはウブド。ウブドでの買い物とラストヨガ。

いよいよ2010年のバリ絵巻、今回で最終回です!

象を楽しんだ後は、ウブドでのお買い物タイム!
今回で3回目のバリ。ウブドの街は、なんとなく懐かしい感じ。
P1020604 P1020606 P1020612

市場でお土産を買う峯岸先生!お得意の値切り交渉は、迫力満点!
ま、バリでは値切ってなんぼですからね。値切らな損損!
P1020607 P1020609

で、私は会社の皆さんへのお土産などを揃え、一安心。
最後のヨガに向かいます。

この最後のヨガ。バリに来た後、峯岸先生が急きょ実施を決め、バリツアーズの久保田さんに場所を確保してもらい実現と相成ったもの。
ウブド近くの施設を借りてくれ、しかも、結構しっかりとして高級感溢れる所。
P1020613 P1020616 P1020617 P1020618

峯岸先生含め、このヨガに参加した皆は大満足。
別のツアーや、買い物を継続する方も多かったので、最後にヨガに残ったのは、先生を含めて9名だったけど、大満足のラストレッスンでした。
P1020619

で、レッスンスタート。
P1020620 P1020621

この笑顔は、大きなアリが近くに来たのを、すかさず叩いた○野さんに、大笑いした図。殺生はいけません、ですが、かまれちゃあ痛いですからね。ヨシとしましょうか。
しかし、パワフルー!
P1020623

私もアーサナをやりつつ撮影。脚の指までしっかり力を入れてるでしょ?
P1020624 P1020625 P1020627 P1020628
P1020629 P1020630 P1020631

この施設、ぶらさがりグッズが壁に用意されていて峯岸先生も急きょ、これを使ったレッスンを実施することに。さすがアドリブ強いね、峯岸先生は。
P1020632   

こんな感じで宙ぶらりん。これは、買い物で疲れた脚を楽にするそうな。
確かに、気持ちよかったヨン!
P1020633 P1020634

そして、集合写真。
誰が仕切ったわけでもないが、身長順に並んでいる不思議さ。
P1020641 P1020644

急きょ実現した夕方のヨガは、予想以上にいい施設で、しかも、シャワーも貸してくれ、これから飛行機に乗る体にとって、非常にありがたかったです。
久保田さん、本当に、大感謝です!
P1020645

で、再びウブドに戻って、ヨガショップでヨガグッズを買った後、軽くカフェでお食事。今回の旅を振り返りつつ、楽しみました。
P1020648 P1020650 P1020652

で、後はデンパサール空港へ。
夜中の1時過ぎに出発ということで、最終日も最後まで楽しめてよかったな。   

お世話になった、バリツアーズのパンデさん。
新しく参加したメンバーさんが、初日にパンデさんがギャグでいった「パンダじゃありません。」
を逆手にとって
「パンダさん、ありがとう」
と、突っ込み所を残してパンデさんに話しかけたんだけど、パンデさんから突っ込みは入らず(・・;)
言葉、通じてないのかな?
P1020653 

そして、一番お世話になった久保田さんにもお別れ。
とびっきりの笑顔ですね、久保田さん!
今回もありがとうございました!
P1020654 P1020655

帰りのガルーダインドネシア航空に乗り込んでみたが、たまたま峯岸師匠が私の後ろ。
脚の長い師匠は、こんな姿勢で寝てます。
行儀が悪いっすよ、師匠。ま、私など足が短いので、こんなことしなくても平気ですがね。

P1020656 P1020657 P1020658 P1020660

ということで、今回のBody & Mind Yogaのバリリトリート、これにて終了。
昨年もやったんだけど、ゆめが追いかけたバリヨガリトリート、バリ絵巻、いかがだったですか?楽しんでいただけたかな?

是非、次回は、皆さんも参加しませんか?
次回は、2011年11月を予定しているとのこと。ちょっと先ですが、頭の隅っこにインプットしておいて下さいね!

私は、また行ってみようと思います!
また、会社が休めますように。。。

了。

バリ絵巻(2010/03/22 その2) バリで象とふれあい、感動した象(お約束)

さて、最終日第二弾。いざバリ絵巻。

ブルーポイントを後にして、1時間半の車の旅。
目指すは、エレファントサファリパーク!象とのふれあい!
パークの車でのお出迎え!うれしいっすね。
P1020543

パークは、バリの中でも標高が高い所にあるそうで、確かに少し涼しく感じました。
P1020545 P1020547

ついたらちょうど象のショータイム!
計算したり、絵を描いたり、でもやっぱり単純だけど、鼻からの放水が一番凄かった!
P1020548 P1020549  P1020553

ディズニーランドのジャングルクルーズを思い出しちゃいましたヨ。
「おっと、今度は左、左、皆さん気をつけて、鼻から水が、、、、、、でない。」ってやつね。
こちらは本物の象。ちゃんと鼻から激しく水が出て、一部の観客は濡れちゃってました
(@_@;)
P1020550

そして、今度は象に乗っけてくれるって。
2人ペアになって、象の背中に乗っていきます!
一番乗りは、峯岸先生チーム!うれしそうですね、お二人さん!
P1020554

そして、残りの皆さんも次々に出発!
P1020556 P1020557 P1020558

私たちは皆さんの写真を撮る関係から、最後に乗ります!
お、この象さんですね。
P1020559

係りの方が写真を撮ってくれるってことで、めでたく象に乗る図ゲット!!!
いい記念になった象(お約束)
P1020561 P1020562

この運転手?さん、日本語上手。
私たちが乗った象について話をしてくれました。
名前は、ギギちゃん。27歳の女の子!?だそうです。
P1020571

途中で、ハーモニカを取り出し、私たちに演奏を聞かせてくれたギギ。
P1020573 P1020565 

ただ、おなかが異常に減っていたらしく、途中で道を外れて長いお鼻で草を巻き取ってむしゃむしゃ。道を外れたことで、運転手さんにこっぴどく、叱られちゃってました。

途中では、運転手さんと一緒に
「ぞうさん、ぞうさん、お鼻が長いのね、そうよ、母さんも長いのよ~っ。」
を合唱。
なかなか面白い運転手さんに当たってラッキーでしたヨ。

途中から降り出した雨。用意されていた傘をさしつつの象さんツアーと相成りました。

終盤には、なんと、水の中に入るコースが。
入る直前で、象さんのものすごい放尿シーンに遭遇!ドバーーーーって感じでした。
で、当たり一面、くさぃーーーー!って。
P1020583 P1020584 P1020588 

水の中に入る前、またまた写真を撮ってくれるってことで、カメラを渡し、水の中を歩く象に乗るの図、ゲットゲット!
いい記念になった象(御約束)
P1020593 P1020595

で、お昼御飯を食べつつ、しばらく象見物。水浴び大好きなんですね、象さんって。
P1020597 P1020599 P1020600 P1020602

いやー、予想以上に面白かったなぁ。この象さんライド。
是非、皆さんもバリに行った際には、お試しを!

つづく象(くどいか。。。)

バリ絵巻(2010/03/22 その1) ブルーポイントでの峯岸先生の朝ヨガ

アッという間の最終日。
バリリトリートも、本日で終わりかと、残念な気持ちがぼちぼちと頭をよぎりはじめていた。

そんな、バリ最終日の一発目は、峯岸先生の朝ヨガ。
6時45分スタートということで、6時35分過ぎにいってみると、あらあら、皆さん早くも集合してました。少しでもバリ時間を堪能したい、ってことですね!
P1020430 P1020431 P1020433

空を見上げれば、昨日の夕焼けとは若干トーンの違う、だけど、やはりピュアーな茜空。
その太陽と向き合い、各々が好き好きにヨガを始めています。いい時間です。
峯岸先生も、お茶目な髪型で、太陽と向き合ってますね。
P1020429 P1020435

お、くしくも新しく参加されたお二人が、太陽礼拝ですね。
P1020437

さて、この朝の太陽の力をもらい、峯岸先生の朝ヨガスタートです。
2列に向き合って、コンパクトにまとまってのヨガ。これには意味があったのでした。
P1020438 P1020440 P1020442 P1020443
P1020448 P1020449 P1020452 P1020453

そうです。昨晩のパーティーの時、メンバーさんから
「アジャストして欲しい」
との要望があがっており、これに応えるためだったのです、たぶん。

私は、峯岸先生は、セルフアジャスト推進派と思っておりますし、実際そうなのですが。あ、セフルアジャストとは、ヒントは口頭で先生がいって、それに対して生徒自らが自分の体をアジャストしていくってもの。
何事もそうだと思っているが、自分で気づいて自分でやったものは、その次から本当に自分のものになるから。

そういえば、今回初参加のメンバーさんが、
「手は胸からはえているという峯岸先生の教え方によって、体の開きがずいぶんと楽になった」
とコメントされてました。
そう、アジャストは体だけにあらず、言葉のアジャストは、すごいんです!

とはいえ、今日は峯岸先生、要望に応えて積極的な体によるアジャストです。
やはり、なんだかんだいっても、うれしいものですよね。
P1020454 P1020457 P1020459 P1020462
P1020477 P1020478 P1020479 P1020488

きれいなダウンドックですね。うらやましい。
P1020463 P1020467 P1020474 P1020476 
P1020465 P1020466 P1020468 P1020475

お、先生、浮かんでますね!を、メンバーでも浮かんでる人いるヨ!
P1020471 P1020472 P1020491 P1020494
P1020495 P1020483 P1020486 P1020487   

朝の日差しは柔らかい、というのはバリでは通用しない。
はやくも激しい太陽の力で、結構、汗だく。日焼けも気になりますね。
P1020492 P1020496

今回も峯岸先生の写真を何枚も撮ってますが、脚の使い方が、非常に勉強になります。
これをみても、指の先、バンダ、ぐーんと力を入れてるでしょ、これが大切なんだろうなぁ。見習うべし。
P1020498 P1020499

で、いよいよシャバアサナ。
あまりに日差しが強いので、日陰を探して、ほら、こんな感じ。
このままいたら、干物のできあがり!って感じの図(*_*;
P1020501 P1020503

私も一緒にシャバアサナ。見上げた空は、真っ青でした。
P1020504

そして、最後の瞑想。オームを唱えて、笑顔の峯岸先生!いいレッスンでしたネ。
P1020505 P1020508 P1020509

で、今回参加の全員での写真は、これで最後。
久保田さんも入ってくださいー!で、勢ぞろい!はいチーズおかき。
P1020511 P1020512

で、いよいよブルーポイントとのお別れ。
朝ごはんを食べた後、お世話になった部屋や、きれいな景色を記念撮影。
本当に、いい環境での二日間でした。ブルーポイントよ、ありがとう。
P1020523 P1020530 P1020531 P1020533
P1020535 P1020536 P1020537 P1020538

あ、私は誰でしょう!?って、バレバレかぁ(笑)
P1020526

では、次は、象とのふれあいです!お楽しみに!

つづく。

バリ絵巻(2010/03/21 その3) 見事な夕焼けと、皆でパーティーだ!

そう。その2で報告したスパでは、プールでジャグジーの強めのやつでマッサージされ、体全体をもみしだかれ、顔まで綺麗にしてくれた。

すっかり綺麗になった全身で、ブルーポイントに戻った。
ここで、再び夕日に向き合った。峯岸先生のそれはそれは美しいショットがあるのだが、これは折を見て掲載しよう。お楽しみに!

ひとまず夕日のすごさをご覧あれ。こんな夕焼け、田舎者の私でさえ、子供の頃に見たことがあるかどうか?圧巻だった。
水平線に沈んだ太陽の忘れ物の茜空。
P1020403

で、こんな景色を堪能した後は、ディナーパーティー!
バイキング形式で、すいかの飾りも綺麗です。
P1020405 P1020406 P1020408 P1020409
P1020410 P1020411

お、皆さん、いい笑顔ですね、もう乾杯ですか!?
今日は、バリツアーズの久保田さんも一緒にご飯です!
P1020412 P1020413 P1020414 P1020415
P1020416 P1020417

で、お気に入りの食べ物をゲット!野菜中心ですか?お肉もいきますか?
P1020418 P1020419 P1020420 P1020421

峯岸先生の指示により、お腹がそこそこ膨らんだ後、パーティーの進行役を務めました。毎度のことですが、結構緊張するんですよ、これって。
やはり最初は、御世話になった久保田さんにお礼。逆に、久保田さんからもお礼の言葉をもらったりして。。。

それぞれ、今回のバリリトリートへの思いを語っていただきました。始めて参加された方も、本当に来てよかった、との声。うれしいですね。
P1020422 P1020423 P1020425

私が印象的だったのが、他のリトリートに参加されたことのある方の、他のは朝早く起きて、レッスンに行くのがちょっと苦痛に思うことがあったけど、峯岸先生のは、行くのが楽しみだった、って所。
そうだな、私も今回のリトリートでは、朝早かろうが、行くのがすごく楽しみだったっけ。

それと、私もそうだったけど、新しくこられたお二人が、ヨガの後に涙を流してたってことを話してくれてたこと。うん、私も涙こそ流さなかったんだけど、その直前まで来たんだよな。バリが、私たちの心を裸にしてくれるんだろうなぁ。

そうそう、明日がたまたま誕生日の方がいて、皆で前祝い!いい記念になったでしょ?
おめでとう!
P1020426

で、早くも来年の計画が話題に。
峯岸先生と久保田さんのタッグで、どうやらまたバリでやるそうですよ!
2011年11月。今度は季節を変えて、どんなサプライズを用意してくれるのかな?
峯岸女史に期待です!
P1020427

さて、いよいよ明日は最終日。ヨガをやって、象にのって、ウブドで買い物だ!

つづく。

バリ絵巻(2010/03/21 その2) プライベートビーチではしゃぐ

いよいよバリ絵巻も中盤戦!
まだまだいくよ!あ、最後に噂の!?紙パンツ事件を掲載でぃ!

朝ヨガを終え、腹ごしらえも終えたけど、今日はまだまだこれから。
海にいって、スパにいって、夜はパーティーだ!
朝はやく活動すると、時間がたくさんあってうれしい。

と、その前に、ここブルーポイントの絶景をいくつかご紹介。
海とプールがおりなす芸術といってもいいような造り。
P1020235 P1020239 P1020240 P1020241
P1020242 P1020243 P1020244 P1020259

思わず峯岸師匠も手を挙げた!うーん、解放感の絶頂!
P1020245 P1020249

結婚式場も備えており、今回の滞在中、2組のカップルが誕生していた。お幸せに。一組は日本人カップルでしたね。
P1020354 P1020539

ってことでここブルーポイントから車で5分程度の所にプライベートビーチがあるというので、そこに行くことに。
で、なぜだか洞窟探検のような雰囲気に、師匠大はしゃぎ!
P1020260 P1020262

洞窟を抜けると、、、そこは、綺麗な砂浜だった。
で、さっそく、海と戯れた。
P1020264 P1020265

実は、ここでいくつか峯岸先生の海と一体となったアーサナを撮影してあるのだが、また今度のお楽しみ。結構、お宝物の迫力あるショットが満載なんです!機会をみて公開しますね!

やはり海に来ると童心に帰る。それぞれお気に入りの水着で、子供になった。
P1020267 P1020268 P1020271 P1020272

それに、やっぱりヨガリトリート、ついついアーサナをやっちゃうんだよなぁ。
みんな決まってるね!
P1020273 P1020308 P1020335 P1020339
P1020340 P1020343

日差しも強かったので、岩場の陰にたむろするメンバー。
P1020331 P1020333

そうそう、野生の猿がいたんですヨ!驚いた。
P1020324

で、ここで起こったことを、NHKの名物番組プロジェクトX(もう終わってるけど、、、)のナレーションをイメージしつつ読んで下さい。

妻がいった。
「先生、猿のポーズってないんですか?」
峯岸先生がいった。
「ハヌマンだよ!」
妻がこたえた。
「そうだ、猿の前でのハヌマンアーサナやりましょうよ。」
ってことで、峯岸先生、猿の前でハヌマンの図と相成った(笑)
御茶目な峯岸先生の本領発揮だった!
P1020327 P1020328 P1020330

しばらく遊んで、再び洞窟をくぐり海を後にした。
面倒だからといって、バスタオル一枚で帰路につく師匠(笑)
ま、いっか、ここはバリだ!
P1020344 P1020345 P1020346 P1020348

道路にも普通に猿がいた。
バリってすごいね。
P1020349

そして、日焼けした体を癒しに、スパに向かった。
今回このスパに来たのは、6名。後の方は、ブルーポイントに残ったり、買い物に行ったり、それぞれのフリータイムを満喫した。
P1020352 P1020351

スパでは、黒の紙パンツをはく。男も女も関係なく、黒パンツをはく。
わからない方のために、現物を(^^♪
これ、非常によく出来ていて、最初は、左のようにコンパクト。ビニールをはがして広げると、右のようになる。
P1020662 P1020663

特にサイズがあるわけでないので、かわいい女の子も、どでかい西洋人の男も、みんなこれを履く。
当然だが、こんなちっこいパンツなど履き慣れていない(慣れていたら怖いか(*_*;)私は、このパンツの足を入れる部分と胴体を入れる部分に両脚を入れてしまったようで、どうも座りが悪いままバリニーズの前に出て、大笑いされた(*^^)v
想像するに、半ケツ丸出しだっただろう。。。こっ恥ずかしい体験だった。。。

さすがにその写真は、撮影しておりません(笑)

つづく。

バリ絵巻(2010/03/21 その1) ブルーポイントでの朝ヨガ

BMYバリリトリート、3日目。

この日は、朝ヨガ。現地で活躍するヨガティーチャーによるサンライズヨガ。
昨日のサンセットヨガが行われた所に行ってみたら、一番乗り!
周囲を見渡すと、インド洋があいも変わらず地球の大きさを、そして、丸さを教えてくれていた。

そして、昨日のサンセットとは逆の方向で、太陽は、また新たな一日を我々に与えてくれようとしていた。
そう、オレンジ色の新しい息吹。気持ちがいい。
夕焼けの赤とは、一味違って見えるのは、気のせいか?
P1020154 P1020160

そして、しばらくして褐色の美しい先生とバリツアーズの久保田さん登場!
トゥーイ先生というそうだ。
久保田さん曰く、ここまで山がはっきり見えるのは珍しいです、と。
天候に恵まれたようで、なにより。
P1020161

日の出直前の空は、またまた感動を私たちにくれた。あぁ、地球っていいね。
P1020167 P1020168

そして、瞑想からスタート。
まったりとしたレッスンかと思いきや、結構激しく、朝の光のパワーと共に、汗をかきまくった人が多かったね。峯岸先生と並んで、そして、メンバーがぐるっと輪になってレッスンを楽しんだ。
P1020165

ニュージーランド出身というトゥーイ先生。当たり前といえば当たり前だが、英語でのレッスンである。あまり英語が得意ではないが、でも、ヨガは共通言語。なんとなく言葉が伝わり、そして、いろんなアーサナで太陽を感じた。
そうそう、バリツアーズの久保田さんもレッスンに参加してましたネ。
P1020172 P1020173 P1020174 P1020175
P1020176 P1020177 P1020178 P1020179

途中途中で、結構、アジャストに入ってくれたトゥーイ先生。この先生は、ハタヨガをベースとしていると久保田さんがいっていたっけ。結構、パワフルなアーサナが多かった。
P1020180 P1020181 P1020182 P1020183
P1020184 P1020185 P1020186 P1020187

時の経つのは早く、あっという間に周囲は明るくなり、南国の日差しが体につきささる。日差しの強さにもおされ、気持ちのよい汗をかいた。
P1020188 P1020189 P1020190 P1020192
P1020193 P1020194

この会場から見下ろす景色。プールも真っ青、空も青、海も青、まさにブルーポイントの真骨頂。レンガ色の屋根の色と、このブルーがよくマッチしている。
P1020195

こんな会場で、朝ヨガをやり遂げた。達成感あふれる皆の顔をパシャリ!
P1020196 P1020197_2

で、汗をかいたら飯、こう決まっている。
この朝ヨガをやった建物の1Fが朝食会場。
バイキング形式で、新鮮な野菜、フルーツ、そして、ジューサーで作ってくれる生ジュース。朝から腹いっぱいおいしいものを食べちゃいました。
P1020206 P1020207 P1020208

各テーブルの様子を見に行ってみると、やはり皆様いい笑顔です。
黒いサングラスの小粋な女性、これ峯岸先生です(笑)
P1020209 P1020210 P1020211 P1020212

卵に目がない私は、目玉焼きとオレンジジュースを手に笑顔!
胸には燦然と輝くBMYのロゴ!
P1020213

今日もいい一日になりそうです(^^♪

つづく。

バリ絵巻(2010/03/20 その2) インド洋を見下ろすサンセットヨガ、圧巻。

さて次は、圧巻のサンセットヨガです。

昨年下見に来た時、この青さに愕然としたことを思い出す。
今回参加のメンバーさんたちは、ブルーポイントをはじめて見るわけで、海が見えた時に、大きな歓声があがった。

ウエルカムドリンクで喉をうるおし 、リゾート感たっぷり。
緑たっぷりな小路を抜けて、各々のコテージにチェックイン。
2階建てのコテージに2人。贅沢極まりない。
ま、ゆっくりしよう。
P1020034 P1020035

さて、そんな素晴らしい青の点、ブルーポイントでのサンセットヨガ。
スパですっきりと柔らかくなった体で、朝向き合った太陽と同じ太陽だけど、今度は沈んでいく太陽と向き合う。
P1020037 P1020038 P1020039 P1020044
P1020045 P1020046 P1020047 P1020050

見事なインド洋。地球の丸さを感じる。屋外での解放感は、朝ヨガのビーチにも匹敵する。ヨガ用に用意された場所ではないんだろうけど、ちょうどいいね、この場所。
P1020051 P1020052

さて、昼間の移動時のバスの中、峯岸先生が今日の夕方のヨガは、前からやってみたかったヨガをやる、っていってて、どんなやつですか?と聞いたら、「中途半端、むにゃむにゃ、、」などと言ってたっけ。

答えはこれでした。手を使わない太陽礼拝、ウォーリア1、後屈。
でも、手があるものと思ってやるんだよ、との指導。
手が使えないことによって、逆に手を使っているような感覚になったっけ。
中途半場なんかじゃなく、なかなかに面白い試みでしたなぁ。
P1020054 P1020055 P1020057

序々に太陽がインド洋に沈んでいく。
太陽に照らされた峯岸先生、そして、メンバーは、神々しい。
P1020058 P1020060_2 P1020063 P1020064

そして、インドネシアでこの写真は撮っておきたいと思っていた「ガルーダ」。ガルーダに乗ってやってくるバリ島で、ガルーダ。うーん、絵になるねぇ。
P1020068 P1020070 P1020072 P1020073
P1020074 P1020077 P1020080 P1020083_4

水平線へ太陽が沈む。一日の終わり、毎日繰り返されているこの風景。だけど、こんな風景を見たのは初めてかもしれない。そんな中、いよいよ手を使っていつものアーサナへ。
こうやって手が着くと、更に迫力も出てくる。
太陽に向かってウォーリア2。いいアーサナですね、これ。
P1020086 P1020087 P1020088 P1020089
P1020092 P1020093 P1020098_2 P1020099

いよいよ日没間近。さて、沈みゆく太陽に何を思っているのだろう?
おもむろに、太陽に向かって開脚。うーん、すごいの一言。
P1020103 P1020104_3 P1020105 P1020107
P1020108 P1020112 P1020113 P1020117

周りを見渡せば、太陽がおりなすオレンジ絵巻。こんな綺麗な夕焼けは、子供の頃、田舎で見て以来かも。
P1020119 P1020120 P1020121

茜色のバリ。そんな中、ひたすら自分と向き合った。
写真を撮りつつだったけど、思わず皆の姿をみて、「おぉー。」と声を出しそうになった。それくらい充実していて、唯一無二の空間に思えた。

カメラを置いて、マットに座った。何故だか涙が出そうになった。
こんな風景に触れて、心が震えたんだろう。いつもの生活で、些細なことにこだわっている自分が、何というか弱く感じて、、。
今回のバリで2度目の涙が出そうになった。
見上げれば、月もいた。
P1020122 P1020125 P1020126 P1020133
P1020136 P1020138 P1020140 P1020141

こんな風景でヨガをやれた充実感。
今回撮影した中での、ベストオブ夕焼けはこちら。
P1020142_2

そして、この場にいた皆の姿を写真におさめたくなった。
みんな、いい表情です!
本当に涙を流したメンバーもいました。これもバリのパワーだろう。
P1020145_2

で、後は各自で食事をとり、睡眠。
日の出に始まり、日の入りで終わった今日のヨガ。
同じ太陽でも、なんだか感じ方の違いがあった。自然の力を感じる、自然に生きる。うーん、難しいことだけど、こんな太陽を感じていると、何だかできそうな気がした。

#追伸
お部屋はこんな感じ。贅沢でしょ?
P1020147 P1020148

3日目につづく。

バリ絵巻(2010/03/20 その1) サンライズメディテーション&ヨガとスパ

峯岸先生と行く、バリヨガリトリート、二日目。

バリリトリートの朝ははやい。
5時15分にモーニングコールを頼み、すっくと起きて軽くシャワー。疲れなどすっとばして朝ヨガに向かう。

昨年も朝焼けの中、非常に感動的だった朝ヨガ、今年はヌサドゥアのビーチで楽しむ。
まずは、この朝の風景を感じて下さい。いやぁ、綺麗です。P1010931_3

そしてやうやう白くなりゆく空と共に、そして、新たな命を感じる太陽が顔を出すのと同時に、砂地の上に脚を踏ん張り、時にはホテルのバスタオルの上で横になり、大いに自然と一体になっていく。
P1010934 P1010942 P1010943 P1010946

新たな発見だったのが、砂地に脚を直接触れてやるヨガ。これいつもと違ってしっかり地面を感じられるのでいい、と思うときと、かえってフラフラするときとがあった。
脚の裏のパワーというのもいろんな面でアーサナに影響してるんだなぁ。。
P1010948 P1010949 P1010950 P1010951

周りの風景、雰囲気は昨年に似ていた。そして、今年は犬が見物に来た。
犬に見せるダウンドック、絵になる!?
P1010941

「防御しなくていいからね。」
峯岸先生が、この言葉を発したとき、私の心と体が熱くなった。あ、そうだ、ずっと防御してるんだろうな、日本の暮らしの中では。この数日は守りなし。これでいくぞ、と思った。
本当に号泣しそうになった朝ヨガ。こんなのは初めてだった。

朝の光には、ウォーリア1が似合う。太陽に向きあうメンバー。神々しいね。
P1010953 P1010954 P1010955 P1010957
P1010958 P1010959 P1010961 P1010963
P1010965 P1010966

あたりはすっかりと明るくなり、新しい一日が始まっている。
今年も海外からのリゾート客が、ものめずらしそうに我々のヨガを見ていた。
中国の方が目につきましたが、やはり今は、ジャパンマネーより、チャイナマネーですかね。
P1010967 P1010970 P1010972 P1010974
P1010976 P1010977 P1010979 P1010980

砂浜にはやどかりもいたっけ。ふんづけないように、脚を踏ん張りました!
P1010982 P1010983 P1010987

そして、青空を見上げたシャバアサナ。真っ赤な飛行機まで飛んできたっけ。
で、冒頭のうっすらした夜明け前から、力みなぎる朝へと風景も、そして、私たちも変化をはじめていたのでした。
P1010990 P1010991 P1010992 P1010994
P1010995 P1010996

で、朝から動くと腹が減る!ということで、バリの新鮮なフルーツや野菜、焼きたての卵などで腹ごしらえとあいなりました。
P1010997 P1010998 P1010999 P1020001

お、先生、卵は塩分抜きですよね!
今回初参加のメンバーさんとも徐々に打ち解けてきた頃かな?
P1020002

フリータイムを経て、全員で、スミニャックの隠れ家街スパへ向かいます。
ホテルの中で、今後のスケジュールなどを確認。
P1020004 P1020005 P1020029

バリニーズによるそれはそれはとろとろになるマッサージ。1時間半が標準メニュー。これならツアー料金に入っている。私はせっかくなので延長してもらって、全身すっきりしました。ヘッドマッサージは印象的。毛が抜けちゃうぞー、くらい力強く頭を刺激され、気持ちよかったっす。

でも、どうも黒の紙パンツ1枚でマッサージされるのは、照れくさいもんです。はい。
ちょっと終わった後、部屋の中を撮影させてもらいました。
今回は、夫婦で並んでペアマッサージ。後で妻に聞けば、私の寝息がちらほら聞こえていたとか。。。ま、気持ちよかったもんなぁ。
最後にココナツのジュース。ストローのようでストローでないものがついていて、何人もの方が、「吸えないーーっ、、、」といっていたのはご愛敬!
P1020033 P1020030 P1020031 P1020032

さ、次は、今回のメインホテル、2泊するバリ南端の天国、ブルーポイントです(^^♪
バスで移動でぃ!

つづく。

バリ絵巻(2010/03/19) 飛べ、バリへ!

さて、今年のバリ絵巻は、ここ「ゆめよが」でお送りします。
昨年は、こんな感じでしたね。もう1年たったんだなぁ。はやいもんです。
さて、今年はどんなバリ絵巻を感じたのか?おいおい書いていきたいと思います
( ..)φメモメモ

では、いざ初日の顛末からバリ絵巻開始。

私自身、3回目のバリ。峯岸先生と行く、バリリトリート。
Body & Mind Yogaに出会わなければ、きっと知ることがなかったと思われるバリのよさ。会社に2日の有給休暇をもらい、今年も堪能してみる。

出発は成田。こう決まっている。
普段、ルネとかスタジオに参加されていない方2名を含め、12名+峯岸先生という家族旅行的な雰囲気となった。
大勢いるのも楽しいけど、これくらいの人数もいいかもな、と思いつつチェックイン。

峯岸先生は、故あって念入りなボディーチェック。
お茶目な師匠は、カイロをおなかに貼っていることを黙っていたそうな。。
なおさら激しくタッチされる、ちゅうのにね。
P1010895 P1010896

で、11時出発の予定が、10時50分発と、少し早めのスタートに変更!
幸先いいな、と思いつつ、急いで搭乗口へ。
毎度毎度のガルーダインドネシア航空だ!
P1010897

ところが。。。。。
いざ飛ぼうと滑走路に移動する飛行機。そこからなかなか飛ばない。
放送が入る。計器の異常のため整備します。一旦、外に出ろ!と。
仕方なく12時過ぎに再び搭乗口付近に戻り、しばし待機。
もう一度放送があった時には、さらに30分くらい後に方向性を説明すると。
飛ぶのかなぁ。。。
仕方ないので、搭乗口付近で、ヨガやら最初のアルコールでしばしメンバーの方と歓談。再び、峯岸先生は、御茶目にヨガ。この様子は、速報した通りであります。
P1010901

で、今度こそで、14時半くらいかな?離陸したのでありました。

デンパサール空港を抜け、バリツアーズの車に乗ったのは、現地時間の21時25分。
予定よりも4時間ちょっと遅い計算。
さすがに、私含め、長ーーい旅にヘロヘロ。

いつものようにレイをかけてくれたんだけど、日が沈み真っ暗だったこともあり、いそいそとバリツアーズのバスに乗り込んで、ホテルに向かう。
今回のご案内は、やはりバリツアーズ。そして、案内する方は、パンデさん。
「パンダじゃなくて、パンデです。」という定番ギャグと共に、日本語が堪能。
P1010904

初日のホテルは、ヌサドゥア。ビーチに隣接するこじゃれたホテル。インナプトゥリバリホテルという所。感覚的には、昨年初日にとまった所に似ていて、海に向かう途中にリゾートプールなどがあって、解放感たっぷり。

ウェルカムドリンクと共に、我らがバリツアーズの姉御、久保田さん登場!
今回はいろいろと直前のオプション予約やら、そもそも開催もどうなるか?という感じだったので、久保田さんもいろいろと思う所があったのでは?と推察する。
でも、我々のいろいろな我儘に、応対してくれる所は変わりなし。
今回もよろしくお願いします。
早速、オプションの予約等に応える久保田さん、りりしい。
P1010912 P1010915 P1010916

で、外で夕食という時間でもなくなったので、ホテルのレストランが24時間開いているということで各自食事。
レストランに行ってみると、先生以外の皆様も集合済み!
ほう、やっぱ笑顔になってるじゃん!
P1010918 P1010919 P1010920

ってことで、私も定番のBINTANGビールと、軽めのイントネシア料理で明日への英気を養うタイムとしゃれこみました!
P1010921 P1010924 P1010925 P1010927

さ、皆さん、明日はビーチで朝ヨガですよ!
本番は、明日から!楽しみですね。

つづく。

バリは遠い、成田でヨガ&おっぱい

バリリトリート、出発!と思いきや、一回飛行機から降ろされた(*゚▽゚)ノ

ってことで、峯岸師匠は、成田でヨガ。
ほんの5分前の出来事。速報にて。ただいま12:58分。

はて、飛行機は飛ぶのだろうか?
師匠は飛んでますが(笑)
P1010901

で、なぜかおっぱいで遊ぶ。
201003191301000_3 

久々の日曜夕方のスポクラヨガ

なんだかんだが重なって、ちょうど1ケ月振りになった。
日曜夕方のスポクラヨガ。

1ケ月前といえばバレンタインデー。
ゆめよがコメンテーターの御一人(一匹)であるりゅうさんによれば、峯岸師匠は大きな袋持参でチョコを期待しつつも、収穫ゼロと嘆いていた、バレンタインデーである。

もう1ケ月。今日はホワイトデー。
いつものお礼にクッキーなどを進呈したが、そもそも最近食にこだわる峯岸師匠、クッキーなんか食べるのかな(・・;)
でも、レッスン終了後、少し話をした時、今日はいっぱいもらったと、笑顔だった。

ま、それはさておき、赤スタジオのヨガ。
今日は呼吸に注目せよ、とのお達し。
いつもかつも深い呼吸をするといいわけではない、と。
ほう、いわれてみればこういう言われ方をしたのは初めてだなぁ。

その心は、アーサナによっては安定するまでは浅目の呼吸で、安定してから深い呼吸にした方がよろし、というもの。
ふむふむ、ひとつ勉強になったわい。

しかし今日は今までの中で3本の指に入るくらい汗をかいた。
しかも、脚を肩にのっけて、両腕で体を支えてぐんと踏ん張るやつ、初めて2秒くらいだけど体を支えられた。片方だけだけど。
なんだかんだいって、出来なかったことが出来た日は気分がいい。

もう次の週末はバリリトリート。行きたくても仕事の都合で行けない方も多かった。
何人もの方から、気をつけていってらっしゃい!と御見送りを受けた。なんだかうれしかった。その前にバタバタとした仕事が待っているが、週末を楽しみに乗り切るぞー!

おまけに、Yoginiの笑ってヨガとも、見たよ!という方とか、そこにのっけたプロフィールのお陰かな?一足はやい誕生日プレゼントをいただいたりもした。いつも楽しませてもらってるから、と。
何だか恐縮した。でも遠慮なくご厚意をいただきました。ありがとうございました。

ってことで今度の日曜夕方スポクラヨガは、また代行です(・・;)
ルネ港南中央の皆様ご注意を!
今日のレッスン中、師匠がお詫びの印に(コナミ対抗だとも(*^^)v)、今度の4月29日の昭和の日。ルネ港南中央で特別レッスンを開いてくれるって告知がありましたよね!青スタジオで。
まだルネには告知が出てませんが、楽しみですね!
こりゃ、4中に上大岡にオープンするコナミに移れないな(^^♪皆さま!

鎌倉、鶴岡八幡宮の大銀杏をしのぶ

会社で仕事をしてたら、私の大ボスから
「鎌倉の大銀杏、倒れたって。」
と、愛用する大ボスご自慢のiPhoneに届いたニュースを伝えてくれたのは、3月10日の昼前だった。

「えぇーーっ。」

樹齢1000年といわれる大木。
鎌倉の人でなくても、この大きさと存在感には、何かを感じていたはず。
本当に、えーーーっ、としかいえなかった。

で、迎えた最初の週末の今日の夕方、様子を見に行ってみた。
八幡宮の方の配慮なんだろう、周りは囲いで覆われ、近くからは写真撮影が出来ないように警備員もいるという状態。
ある意味、守り神だったに違いない。
そんな守り神の倒れた姿は、世間様にさらすものではないとの考えなんだろう。
そんな思いをよそに、可能な範囲で、写真におさめさせてもらった。こんな様子だった。
P1010878 P1010879 P1010882 P1010883 P1010887

八幡宮では、ちらほらと桜が咲いていた。
なんとも印象的な早咲きの桜となった。
P1010892

で、在りし日の大銀杏の写真を撮ってなかったかな?と思い、過去の写真を見てみた。
一番古かったのは、2001年11月23日だった。
紅葉の美しい大銀杏。
色づいた大銀杏は、この1枚だけだった。
Dscf0063

そして、一番まじかで撮影したのも、この勤労感謝の日だった。
Dscf0065

続いて、2005年1月9日。初詣がてら訪れた時。
P1090077 P1090082

2年後の初詣は、2007年1月3日。
Rimg0069 Rimg0070

そして、今年の元日。初詣。ゆめよがでもお伝えしてたっけ。
これが最後の大銀杏。青空に、凛と立つ大銀杏です。
P1010534 P1010536 P1010537
P1010538 P1010539 P1010541

そういえば元日のゆめよがでは掲載しなかったけど、動画も撮影してたなぁ。この大木に魅せられて、つい撮ったんだった。
まさか、この2ケ月後に本当に残念だけど、これも自然界の輪廻転生といった所なんだろう。
最後に、その勇士で締めておきます。


鶴岡八幡宮の大銀杏、いろんな思いをありがとう!

ウオッカ引退によせて~私が生で感じたウオッカ in 東京競馬場 その2~

名牝、女傑、女帝。いろいろな愛称で呼ばれたウオッカ。
ウオッカが引退した。

ウオッカ引退によせてその1の2008年に続き、2009年度の走りを振り返る。

2009年は、最初から東京競馬場のG1に照準を合わせたウオッカ。
春はそれが功を奏し連勝。昨年勝てなかったヴィクトリアマイルは、7馬身差。
強かった。
安田記念も、狭い所をこじ開けて突き抜けた。

秋は、、、
毎日王冠、天皇賞(秋)と、まさかの連敗。その様子は、ゆめよがでも掲載(毎日王冠天皇賞)しましたよね。動画で見るウオッカのパドックなんかもやったっけ。懐かしい。
8歳で元気なカンパニーが、この2つのレースで勝ち名乗り。この結果、武豊は、ウオッカを降りた。

今となっては最後のG1となったジャパンカップ
ルメールを背に、鼻差の勝利
やはりウオッカが勝つと盛り上がる。

鼻出血が引退の原因。
2008年の天皇賞(秋)、2009年のジャパンカップは、鼻差。
鼻が少しでもゴールから先に出るように、ぴくぴく動かしていたら、出血するようになったとか?そんなわけないか(・・;)
何か、鼻に縁がある花のある牝馬だった。

ま、いずれにしてももうウオッカの走りは見ることができなくなった。
次は子供たちの走りに期待だ!
まずはゆっくり休んで、また私たちに驚きと感動を与えるような強い子供たちを作っておくれ!

本当に、美しく強い走りを見せてくれてありがとう($・・)/~~~

<私が生で感じたウオッカの戦い 2009年>
・2009/05/17 ヴィクトリアマイル 1着 武豊 (ブラボーデイジー)
Rimg0001 Rimg0034 Rimg0056 Rimg0058 Rimg0061 Rimg0062 Rimg0065 Rimg0066 Rimg0073 Rimg0078

・2009/06/07 安田記念 1着 武豊 (ディープスカイ)
Rimg0002 Rimg0004 Rimg0019 Rimg0033 Rimg0037 Rimg0046 Rimg0052 Rimg0055 Rimg0056_2 Rimg0062_2 Rimg0064 Rimg0068 Rimg0073_2 Rimg0078_2

・2009/10/11 毎日王冠 2着 武豊 (カンパニー)
P1000325 P1000386 P1000392 P1000394 P1000399 P1000414 P1000417 P1000421

・2009/11/01 天皇賞(秋) 3着 武豊 (カンパニー、スクリーンヒーロー)
P1000478 P1000484 P1000520 P1000526 P1000554 P1000557 P1000560 P1000567 P1000568 P1000569
P1000571_2 P1000576_2 P1000579_2 

・2009/11/29 ジャパンカップ 1着 ルメール (オウケンブルースリ)
P1000804 P1000808 P1000809 P1000813 P1000816 P1000818 P1000831 P1000837 P1000842 P1000850 P1000872 P1000874 P1000876 P1000877 P1000881 P1000904 P1000891 P1000893 P1000886

ゆきちゃん!笑ってヨガともに登場!

何というか、ゆきちゃんのまっすぐさと、あたたかさが伝わるいい文章ですね。
なおかつ、そこかしこに峯岸先生の香りが漂う文章。

なるほど、「ゆだねる」、か。
最近、ついついいろんなことに逆らってしまっている余裕のない私には、響きました。

あ、申し遅れましたが、Yogini笑ってヨガとものコーナーに、Body & Mind Yogaでのお知り合いのゆきちゃんが登場したんですヨ!
私からのバトンを受け取って、今までのヨガ人生を、せつせつと語っております。

なんだか読んでいてうれしくなりました。
まさにいい按配です!

文章って、不思議な力がありますね。
そしてヨガも不思議な力がありますね。

ジェントルフロー、再び

2週間振りだったからかな?ジェントルフローは、私にとっては決してジェントルではなかった(汗)

そう、ジェントルフローは、昨年の12月23日に、技能文化会館のお披露目公演?に参加して以来だ。

今日は日曜夕方のスポクラヨガが、代行。
先週、先々週と私の都合で参加できていなかったから、今週を逃すと、中3週となり、さすがにちょっと明けすぎだろ、と考えて、久々に、Body & Mind Yogaの関内スタジオへ!
ちょうど、今週はいつもの日曜と異なり、10時からジェントルフローが開催されるとか。
なまった体にはちょうどよいだろうということで、いってみたってわけ。

久々ですな、峯岸先生!
お忙しそうで、なによりです!え?大変だって?失礼しました。
ま、先生がお暇な姿は、それはそれで見たくないような。。。

で、今日のジェントルフロー、後屈がテーマ。
1つのテーマに向かってどんどん流れていくのは、峯岸流!
その流れに、どんどん体を預けていった。

流れの中で3点頭立にチャレンジする時、あとちょっとでいけそうな私をみて、先生がアジャストにやってきてくれた。
下っ腹やら二の腕やらに力を入れたとき、つい、
「く、く、くーっ」
と、声を発してしまった(*_*;

無心にやっていると声もでるっちゅうわけか。先生、周囲の皆様、失礼しました。

スポクラと違って1.5時間だったけど、本当にあっという間だった。
え、もう終わり?って感じ。
それだけ1つ1つに集中してたってことやね。

今日は総勢20人くらいいたっけ。人数的にもこれくらいがちょうどよろしいね。

ワークショップ以外でスタジオに行ったのは、久々だったけど、たまにはスタジオもよろしいね。
また代行だった時、いってみよーっと!

ウオッカ引退によせて~私が生で感じたウオッカ in 東京競馬場 その1~

ウオッカ引退。

朝、日刊スポーツのインターネットサイトでこれを知った。
寂しくもあったが、なんとなくホッとした。
これで無事繁殖にあがれると。

結局、ドバイワールドカップは走らないことになり、最後のG1は、彼女にとってのホームグラウンド、東京競馬場のジャパンカップとなった。
最後の戦いは、ドバイワールドカップの前哨戦アル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3を、ドバイの地で走った。
結果は8着。このレース、これまた私の贔屓のレッドディザイアが差し切って勝利。次の女王は私という勝ち名乗りか!?

最後のG1となったジャパンカップの後もそうだったが、ウオッカはこのレースでも鼻出血。過酷な走りを象徴しているようだ。
このままアイルランドに行って、シーザスターズと種付けだそうだ。
どんな子供を産んでくれるだろう?

思えば、2008年5月18日(日)、ヴィクトリアマイル、初めて彼女に会った。
前の年、牝馬ながらダービーを勝って以来、実は勝利から遠ざかっていたウオッカ。
ドバイ遠征も4着に敗れ帰国、久々の府中を走るというので行ってみた。
ドバイ帰りの疲れだろう、その時は2着に敗れたのだが、パドックでまじかに見た彼女は、素直に美しかった。

以来、東京競馬場に出走した全レースを生で体感。彼女はこの間、東京競馬場でしか走っていないので、この間のレースはすべて見たことになる。
ちょっとした私の自慢となった。

この10戦。振り返ってみれば(1着 5回、2着 3回、3着 2回)
背中に乗せた騎手、武豊(7)、岩田康誠(2)、クリストフルメール(1)
なんだかんだいっても、やはり強かった。

感謝の気持ちを込めて、私が見たウオッカを蔵出し!
ひとまず、ウオッカ様、お疲れ様でした。

<私が生で感じたウオッカの戦い 2008年>

・2008/05/18 ヴィクトリアマイル 2着 武豊 (1着 エイジアンウインズ)
Rimg0027 Rimg0037 Rimg0044 Rimg0047 Rimg0054 Rimg0055 Rimg0060_3  Rimg0063

・2008/06/08 安田記念 1着 岩田 (2着 アルマダ)
Rimg0106 Rimg0109 Rimg0124 Rimg0127 Rimg0128 Rimg0129 Rimg0130 Rimg0131 Rimg0132 Rimg0136 

・2008/10/12 毎日王冠 2着 武豊 (1着 スーパーホーネット)
Rimg0012 Rimg0019 Rimg0025 Rimg0028 Rimg0029 Rimg0032


・2008/11/02 天皇賞(秋) 1着 武豊 (2着 ダイワスカーレット)
Rimg0002_2 Rimg0003 Rimg0020 Rimg0024 Rimg0038 Rimg0051 Rimg0052 Rimg0053 Rimg0056 Rimg0060_2 Rimg0064 Rimg0071 Rimg0072


・2008/11/30 ジャパンカップ 3着 岩田 (1着 スクリーンヒーロー、2着 ディープスカイ)
Rimg0001 Rimg0005 Rimg0007 Rimg0019_2 Rimg0051_2 Rimg0056_2 Rimg0065 

ということで、2009年度は、また今度!

花粉とのお付き合い

2000年の春だった。
流行に敏感になったのは。

そう、季語にまでなった花粉症。
今年が2010年だから、もう11回目のこの季節!

今年は、新たなグッズで防御を実行中!
その名も、クリスタルヴェール

なんと、鼻に塗るだけで、花粉の侵入を防御、すなわちマスクがわりになるって触れ込み。
ここの所、これを塗って外出している。一日に数回塗ればいいみたい。

でも、効果の検証をしたくても、塗らない状態と塗った状態を同時に体験(比較)できないので、単に花粉が少ないから平気なのか、それとも、塗ることによって花粉からガードされているから平気なのか、わからない。

ある意味上手い商売っすね!
ただ、目がかゆいってことから考えると、やはり一定の効果が出ているってことなんでしょうねぇ。
もう少し鼻にこれを塗りつつ、花粉とお付き合いしてみます!

笑ってヨガとも!に掲載!

ま、自分で言うのもなんなんだが、結構、顔がおっきい(@_@;)

それを証明するかのような写真付きで、ヨガ専門雑誌のYoginiのサイトの名物コーナーである「笑ってヨガとも!」に、わたくし、ゆめが登場しております(*^^)v

3月3日の桃の節句に。
D.G.Pで一緒だったテツさんからのバトン。
まさにヨガがつないだ友達の輪、ってやつですかねぇ。

なんだか照れくさいような嬉しいような、複雑な気分です。

過去の方々を見ていると、ヨガインストラクターの方が多い中、会社員、と書いてあるのが、なんだか面白い。ま、いい記念になったかな。
これも峯岸先生のお陰。ありがとさんです。

次のゆきちゃんは、Body & Mind Yogaの仲間。
いつ掲載されるのかな?どんなこと書くのかな?
結構楽しみにしてます(^O^)/

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

お気に入りの持ち物

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック