フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 久々の峯岸道子先生のヨガ | トップページ | Road to ヨガフェスタ 2010 in 横浜 »

流れるアーサナ、久々の日曜夕方ヨガの爽快感

今朝ほど書いた通り、すごく久々の峯岸道子先生のヨガ。
なんだか、久々は照れくさい感じだったな。

おもむろにスタートし、体をほぐす。

「肩をぎゅーっと耳たぶに近付けて、首を左右に振ってみる。首がこっている人は痛いはず!だからどうってことはないんだけど。」
と。口も好調!

ちなみに、私はすごく痛かった。首がこりまくっているらしい。
こうしてほぐすスタート。今日の体の具合を知り、1時間のレッスンをはじめる。

今日の気づき。
片足立ちで、もう一方の脚を手でつかみ、もう一方の手は前。脚は後ろ。立っている脚は、グーッと踏ん張る、この3方向のベクトル。
その流れで、体を横に向け、大腿部と股関節の所を開き、アルダチャンドラアーサナへ。
ほほう。確かに脚の根元を意識して開くと、ぐるっと脚が開いたような気がした。
関節、今日の師匠の言葉を借りれば、軟骨かな?骨と骨の間を柔らかくしていくというか、スペースを作るというか。。。
なんか、すごく気持ちがよかった。

体の中というか、骨と骨の間が見えるというと言い過ぎだけど、骨と骨の間を感じたシーケンスだったな。
あいも変わらずこの流れるシーケンスが、峯岸道子先生の真骨頂!

後、ドッグポーズから片脚を前に持ってくる所で、
「今日は、ここでごまかさない。」
という指導。

そう、コアに力を入れて、脚をぐーっと引き寄せる。もっともっと引き寄せて、すっと手と手の間に入れる。
私の場合、どうも下っ腹が邪魔をするらしく(・・;)、手前まで引き寄せるんだが、最後の最後が、すっといかず、どたっとなる。
ただ、脚を引き寄せるということを意識するだけで、雰囲気が変わる。
今度から意識してみたいポイントが増えた。

今日は、久々の先生のヨガをじっくりと味わうべく、いつも以上にじっくりと取り組んだこともあってり、汗がポタポタ!
シャバーサナはほんの一瞬だったけど、ほげーっと、すべてを投げ出して横たわったっけなぁ。一瞬だというのに、寝たかも。。。

日曜夕方は、やっぱ、これですな(^O^)/
あぁ、すっきりした!

« 久々の峯岸道子先生のヨガ | トップページ | Road to ヨガフェスタ 2010 in 横浜 »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206390/48734579

この記事へのトラックバック一覧です: 流れるアーサナ、久々の日曜夕方ヨガの爽快感:

« 久々の峯岸道子先生のヨガ | トップページ | Road to ヨガフェスタ 2010 in 横浜 »

お気に入りの持ち物

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック