フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 今日は10分延長、拓きにフォーカスした70分の峯岸先生のヨガの巻 | トップページ | 私にとっては2回目の小林愛先生の横浜ヨガ in チャイハネは、心のヨガ、親指ヨガ!の巻 »

後屈。Deep,Deeper,Deepest+A ちょっと。な、峯岸ヨガWSの巻

なるほど、こういう分類で取り組むのは、ありだ。
同じようなレベルの方が側にいるから、同じような所で助け合う。

しかも、そのネーミングが絶妙。さすが、峯岸道子。BMYを引っ張る師匠だ!

今日は後屈がテーマのヨガワークショップ。スタジオを4分割。普通にマットを並べようとすると、壁に貼り紙。反っくり返るのがどの程度か?ということで分類。

・Deep!!:深く。
・Deeper!:より深く。
・Deepest:そりゃもう深いとこまで反るって。
P1070287_2 P1070289 P1070288 

これは、まあ想像の範囲。峯岸流は、これの手前が1つあること。

・A ちょっと:A littleではなく、A ちょっと
P1070286

私は、最初はDeep!!に座ったが、思い直し、A ちょっとへ移動。
結果的には、これでよかった(笑)

で、今年2回目の峯岸先生のWS。いつもの名調子でレッスン開始。
私が好きな、峯岸先生の背中。今日はストラップ巻いて、レッスンを進めます!
P1070291 P1070293 P1070295

後屈という動きは、どこの骨がどう動いているか?という所をBMYスタジオでおなじみの「リチャード」との共演で教えてくれる峯岸先生!
まさに、BMYの「真骨」頂!です(笑)
P1070298 P1070303

確かにいわれてみれば、どこが動くから身体が反るのか?よくわかる。

その後は、ストラップを使ったり、ブロックを使ったりして、肩甲骨周囲を重点的にぐりぐりとほぐす。

続いて、股関節。
こちらは、ストラップを使って、脚をあげて、ぐるぐる回す系。
えーっと、まわすためにあげるんだけど、そもそも脚があがりにくいのが、「A ちょっと」チーム!爆笑しつつも、自分の出来る範囲でぐるぐる回しましたヨ(^.^)
P1070309 P1070310

その後やったゴムカーサナ。これは師匠にアジャストしてもらって、「お、こんなところに手があったんだ?ってことで背中越しに手がつながった。感覚的には、ものすごく離れているように感じていたんだけど、意外に側にあったのね、私の「お手手」ちゃん。

それから、ペアになって、そう、この時に同じレベルの方が側にいるから、悩みも同じで、いい感じで会話も弾む。今日は、藤沢のキンさんと一緒!
ほら、峯岸先生もアジャストに入り、結構反ってましたね、皆様。
P1070312 P1070313

肩回りが動くと、ダウンドッグも変わった。
肩がいつもより前に出てるから、楽ちんだった。新たな発見だった。
先生のは、やっぱり美しい、私はここまではいってないけどね^^;
P1070314

そういえば、今日は久々に「見本」になった。
肩甲骨の動きを、「遠山の金さん」よろしく、タンクトップの片肌を脱ぎ、師匠に操られ、皆さんにその動きを伝えたってわけ。
そう、いうなれば、リチャードの人間版。

結構動きがわかったようで、皆さんから「おー」、「うわー」などと歓声。
自分から見えないけど、貢献できたようで、よかったよかった。

ピジョンも一瞬だけど師匠のアジャストで手が脚に届いたっけ。ほんの一瞬だけどサ(*^^)v

で、最後はブリッジ、ハーフブリッジ。
見本になったけど、予想以上に腰が硬く、見本交代(涙)。
P1070315 P1070316 P1070320

でも、その後独りでやったブリッジ、ハーフブリッジは、気持ちよく反っくり返ったヨ!
同じようなレベルの人が側にいたこともあるけど、今日のヨガは、本当に楽しいヨガだった。自分と向き合って流れていくヨガの方が好きなんだけど、今日のWSは、あれ?こういうのも楽しいじゃん!と素直に思えたのです。

帰り際、峯岸先生から「ゆめさん、楽しんできてね!」と送り出されたのは、次にチャイハネで、小林愛先生のヨガがあることをご存じだったから。ありがとう。

そんな師匠に送られ、2本目へ!

と、その前に腹ごしらえは、いつものパン屋。
レ・グラヌーズ

ここ、結構お気に入り!BMYスタジオからも近いので、スタジオ帰りにいかがでしょうか?
さて、2本目は、このあと記します!

とにもかくにも、今日の後屈ヨガ、師匠、お見事でした!

« 今日は10分延長、拓きにフォーカスした70分の峯岸先生のヨガの巻 | トップページ | 私にとっては2回目の小林愛先生の横浜ヨガ in チャイハネは、心のヨガ、親指ヨガ!の巻 »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

ゆめさん、
そしてAちょっとグループの皆さん有り難うございました。
グループ分け、こういうのもほんと「あり」ですよね。
Aちょっとグループの妙な盛り上がり、そして連帯感、峯岸先生の思惑通りだったのでしょうか。
Deep、Deeper、Deepestときて”A little bit”と行くところに、”A ちょっと”と書くところが先生の小さないたずらだったんですね。
そこに、自然にはまってしまう我々も不思議・・・。ゆめさんの移動も私にとって心強かったです。
でもゆめさん、結構「後屈」イケてますね。「モデル」もなかなか良かったですよ。片肌が・・。次回会うまでにお互い進化してますように。
 
PS,萬和楼、なかなか個性的で料理も美味しいですよね。
でも、主人のおしゃべり攻撃への応戦は大変でした覚えがあります。

おはようございます!キンさん!

ほんと、あの区分けは「あり!」
実用新案を取るべきですよ、先生!!ってくらい。

後屈は、最近、だいぶんいけるようになってきてます。
それに比例するのかどうかわかりませんが、前屈も、以前と比べたら、雲泥の差。
急な変化は身体に嘘をついていると思いますが、徐々に変化しているのは、凄くうれしい。
お互い、いい進化を!

お、萬和楼いかれたことあったのですね。
おじさんが、注文時から注文してきて、なかなかでした(^^♪
お味もよく、またありだな、と。

餃子が売り切れで、今度は、水曜日以降、っていっていて、なぜそこまで時間がかかるのか?疑問でしたけど(笑)

ではまた!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206390/50841836

この記事へのトラックバック一覧です: 後屈。Deep,Deeper,Deepest+A ちょっと。な、峯岸ヨガWSの巻:

« 今日は10分延長、拓きにフォーカスした70分の峯岸先生のヨガの巻 | トップページ | 私にとっては2回目の小林愛先生の横浜ヨガ in チャイハネは、心のヨガ、親指ヨガ!の巻 »

お気に入りの持ち物

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック