フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

ACO先生の陰陽ミックスヨガは、今の私に、ヨガの醍醐味を教えてくれたの巻

震災以来、今まで以上に早寝になった。
節電の思いもあるが、なんだか身体が眠りを欲している。
時間的にたくさん寝ても、すっきり目覚め、とならない。身体も心も重い。
説明のつきにくい状態。

先の連休で、小林愛先生のヨガリトリートで、伊勢にいった。
本当に楽になった。

でも横浜に戻り、また、先の見えない不安が、つい、頭をよぎり、、、

そんな中、以前から楽しみにしていたACO先生のヨガWS。ありがたかった。
もちろん、今度の震災がなくても、楽しみではあったろうが、今の状態だから、尚更にありがたかった。

風の強い、晴れた土曜日。花粉と戦いながら(笑)、夫婦でいそいそと、東日本橋のロータス8へ。

着替える時、ちょっとしたハプニング!
荷物が、更衣室の壁の小窓から、ボトっと暗い倉庫のような地下へ落ちてしまった^^;
降りて取ろうかな?降りれそうだけど、でも、暗いしな、登ってこれなかったら、尚更馬鹿みたいだし、、、
ということで、ミキング先生にヘルプを頼んだ。
そしたら、
「皆さんが着替え終わるまで待ってから。」
って。
なんで?と思ったら、、、床に隠し階段が。。。
そこを開けてくれて、めでたく荷物復帰!ミキングさんありがとう!着替えを急がせてしまった男性のお二人、ごめんなさい_(._.)_

で、長い前置きになっちゃいましたが、いよいよLotus8のスタジオに入ると、笑顔のACO先生!あれ?前よりお綺麗になられました?
お世辞じゃないよ、だって、妻も同じことをマットに座ったとたんいったから。
昨年のヨガフェスタ以来だ、お会いするのは。
P1070345

で、3時間のWS。

まず、じっくりと呼吸。呼吸を楽しむ。
焦らず、少し待つくらいで。。。緩やかなスタート。
ガチガチな身体と心には、ありがたいスタート。

そして、昨年の正月、Dream Girls Projectの旗上げの時にも教えてもらっていたのだが、後ろの眼!
これをしっかり見開いて、周囲を感じる。いい感じ。

そして、この時期に陰ヨガに初めて触れる偶然。
「思いのままにならない環境で、自分とどう折り合うか!」
ジッと、脚を重ねて、そして、木になって、自分と向き合った。
後ろの眼、前の眼。そして、周囲。
初体験の陰ヨガは、深みがあったし、今の時期に、ぴったりだった。

小休止後、「景気づけに!」、と、ACO先生!姉御らしい言葉がうれしい。
ブロックを楕円に並べて、その上を皆で歩く。
楽しい!

声掛けは、最初は妻が指名されたが、2回目からは、私の仕事!
「いっせーの、せーの、せーの!」
と、バランスを全身で取りつつ、自然と、身体がほぐれた。
楽しいだけでなく、こうすることで、身体全体を自然と使い、ほぐれるんだな、きっと。

そして、テンセグリティーをベースとしたヴィンヤサ。ACO先生の十八番!
楽しみにしていた。

テンセグリティーの最初はペアワーク。これもテンセグリティー。
そういえば、昨年のヨガフェスタでもやってくれたっけ。
P1070346 P1070348

私は今日は4人組でのチャレンジ。
脚の短い私だけど、迷惑かけずになんとかできたっけ!ありがとう!

3時間。長いと思っていたら、あっという間の終盤。
テンセグリティーを、そして、円を感じつつ進めるヴィンヤサは、凄く集中できたし、なんともいえず心地良かった。

とにもかくにも、この瞬間に集中した。
円を感じ、張力を感じ、呼吸を楽しみ、そして、何と表現すべきか、自分が戻ってきた。
期待以上だった。

上に行くときは下に引っ張られる感じ、下に行くときは上に引っ張られる感じ。
そんな張力を感じつつ、呼吸と合わせつつ、身体を拓く。
あぁ、これがヨガの醍醐味か。

ジュディーオング、小林幸子。例え話は、さすがACO先生(笑)
P1070350

シャバーサナ。「はぁー」と一息つき、身体をあずける。
なんともいえないほんわかとした気持ち。
あ、やっぱ、いいな、ヨガ。

オーム3回。

穏やかな気持ちとほんわかとした身体。
確実に、終わった瞬間は、以前の私に戻っていた。

そして、こうしてブログを書いている時も、身体が軽くなった感じがある。

お別れの時、お礼をいったら、
「府中飲みもあり!」
と、笑顔でうれしいお誘い!今年は企画したいな、府中飲み!府中競馬!

ありがとう。ACO先生!

小林愛、伊勢ヨガリトリート、二日目の朝ヨガ、そして正式参拝で凛とするの巻

朝の神宮参拝。散歩のお陰もあり、お腹も減った。
妻も、なんとか起きてこれる状態ということで、合流。
皆さんから、「大丈夫!?」と声をかけられ、「大丈夫!」とこたえる妻。
はやくよくなれ!!
Dsc_1266

朝ごはん後、そういわれてみれば、ヨガリトリートだった。
愛ちゃんのヨガ名物、最初は円。
Dsc_1268 Dsc_1269

そして、ひとりひとりにお題を!
「今朝は、昨夜3つ捨てたから隙間ができたでしょ!だからやりたいことを!」、とのこと。
順番に、それぞれの思いを語る。うなづけることが多い。
私は、
・社交的になる。自分から話しかけるのが苦手なので。。。
 → 愛さんには、え!?社交的じゃないの?といわれたけど。。。
・素直に、ありがとうが言えるようになる。
 → なんだか照れくさくてうまくいえないので。昨夜も愛さんにいえなかったし。。。
・笑顔になる
 → 会社で、顔が怖いとよくいわれるし、実際怖い顔してること多いので。
この3つだ。

愛さんが、人とのつながりの話をしてくれた。今時の繋がり、繋がりの深さ、浅さ。
いろいろと考えさせられる話だったっけ。

後は、身体を少し動かし、チャンティングと長めのシャバーサナ。
シャバーサナでは、今回は手首が硬いといわれちゃった。
なかなかにシャバーサナというアーサナは、簡単そうで、難しいのだ。
力を完全に抜くのって、難しいのだ。
人生と同じかもな、、、、。

で、あっという間のオーラス。
全員で記念写真。みんないい顔だね!
撮ってくれたおじさん、なかなかにうまく写してくれてた!ありがとう。
正式参拝前だから、正装の方多し!
Dsc_1271

で、朝はいけなかった妻も含め、正式参拝に!
12時過ぎにいったのだが、さすがに伊勢ブーム!朝とは違って大勢の人。
Dsc_1273

振り返れば、半旗。震災に対する弔意。
日本、踏ん張ろう!

Dsc_1274

で、朝ならったお清めを、妻にも教えて。
おっと、愛さんもしっかりと。
Dsc_1275 Dsc_1276

そして、寄付を納めて、その寄付のお礼に正式参拝をさせていただけるという段取り。こちらでひとりひとり名前を書いて、寄付。
Dsc_1277

正式参拝。
写真撮影は不可。

中に入らせていただき、荘厳さと凛とした雰囲気に、すがすがしさを超えたすがすがしさ。外から見ていたメンバーからは、みんなのシリアスな顔が、なんだかすごかったといわれたけど、あれは、誰でもシリアスに、そして、凛とするだろうと思う。
Dsc_1278

平成25年には遷宮。20年に一度、宮を動かし続けて今度で62回目。1300年弱の歴史の中、繰り返されてきたこの遷宮。来てみたいな、その時期に。
Dsc_1279

で、宿へ急ぐ。
Dsc_1280 Dsc_1284 Dsc_1285

後は、16:10の名古屋発の新幹線を、のーじさんが取ってくれていたから、愛ちゃんにも挨拶せず、いちもくさんに伊勢会館→タクシー→伊勢市駅→名古屋。
物理的に難しそうな時間帯だったが、様々な幸運が重なり、無事に名古屋へ。

さっそくご利益かな!
ということで、無事、ビールを飲みつつ、のぞみ号。新横浜で下車!東京に向かう3名を見送って、伊勢リトリート完了!
Dsc_1289

この時期に、日本を感じる伊勢に、初めて訪ねられた偶然。
後日、今回のリトリートの感想なども書き遺しておきたいな。

今日のところは、ひとまず、了。ってことで。

愛ちゃん、皆さん、いいリトリートをありがとう(^_^)/

小林愛伊勢ヨガリトリート、二日目はいよいよ伊勢神宮。凛としてすがすがしい朝の巻

妻の体調は回復せず、朝の伊勢神宮参拝は、1人となった。
無理をして更にひどくなってはいけない、とじっと我慢をした妻。
また今度ゆっくりこようね。

ということで、神宮会館ロビーに、6時半集合。
愛さんラストに登場(笑)
おしゃべりの上手な神宮会館の方をガイドにスタート!

玄関には、しめ縄。伊勢では一年中しめ縄をするのがしきたりとか。
へーーー!
Dsc_1195

そして小雨の中、国道23号線をてくてく。
そして、終点!確かに終点と銘打ったのは、はじめてみたかも。
みんな、えらい盛り上がった終点標識。
Dsc_1196

そして、鳥居。いいなぁ、日本。
Dsc_1206

ガイドさんのたくみな話術と話題に聞き入りつつ、参拝。
Dsc_1202 Dsc_1204 Dsc_1209 Dsc_1216

手を清めます。これにも作法があるとか。
左、右、左に水を汲み、口をすすぐ。そして左、残りを捨てて、柄を拭く。
なるほど、日本人の粋だ!
Dsc_1218

数々の凛としたスポット、朝のモヤ、少し雨模様の空は、なんだかかえって今のお伊勢参りに、合っていた。
Dsc_1222 Dsc_1228 Dsc_1229 Dsc_1230

木のぬくもり、新緑。そして、なんともいえない空気感。
日本は、こうした雰囲気の国だったんだろう。
Dsc_1232 Dsc_1243

本殿手前階段、ここから先は撮影禁止。ということで、皆さんをパシャリ!
いい笑顔です。
Dsc_1237_2 

で、帰り道、本殿と同じような造りの建物。美しい。
Dsc_1247 Dsc_1242

そして、荒祭宮などで、しゃんとお参りをしてきた。何か背中を押してもらいたい時、荒祭宮はいいそうだ。
勝負に出る時、きてみよう。
Dsc_1250 Dsc_1253

後は、丁度儀式をしている所に遭遇したり、かわいい巫女さん(定年23歳とか)。
愛さんは、私いこうかしら?って、もう無理です(=_=)
Dsc_1257 Dsc_1259

そんで、入口付近の橋の手前。
ここだけにはお札が入っている、だから、他のと比べてつるつる!という所を、みんなでおさわり。御利益ありますように!
みんな、何をお祈りしたのかナ!?
Dsc_1265

ということで、朝ごはん前に一散歩。
空気、雰囲気、そして、歴史を感じる参拝だった。
今度は、妻とも歩きたい。

小林愛伊勢ヨガリトリート初日、オーラスは、もみじやTシャツに感涙!の巻

昨日、速報でお送りした小林愛先生の伊勢ヨガリトリート。

久々にN700系ののぞみに乗り、
愛さんのショッキングピンクに元気をもらい、
Dsc_1175 Dsc_1176

夕食で、めずらしい鮫の干物などをいただき古来に思いをよせ、
愛さんのコンダクトで、自らが捨てるものを考え、
そして、床に。
Dsc_1181 Dsc_1185 Dsc_1187

と思ったら、かすかにノックの音。
隣かと思っていたら、どうやら家の部屋。
誰かな?と思ったら愛さん!
風呂上りのバスタオルを髪に巻いたいでたちで、
「誕生日、忘れるといけないから、これ!」
って。

どうもうまく感謝の気持ちが表現できない私。
どぎまぎして、お礼をいえたかどうだか。。。
でも、本当にありがとう。

風邪がひどくなり横になっていた妻に喜びを伝え、そして、これ!
愛マットに、もみじやTシャツ。
見事なコラボレーションを演出し、パシャリ!
ほんと、ありがとう!愛さん!
そして、もみじやさん(^_^)/

「もみじやがあなたを元気にします!」と襟に言霊。
Dsc_1191

二日目に、つづく。

小林愛先生の伊勢リトリート、初日は身体がほぐれたの巻

ヨガの最初、シャバーサナで足首をアジャストしてくれたとき、
「こんなに硬かったっけ?」
と、愛先生にいわれた。

足首はもともとかたいので、とも思ったが、それだけではない。
やはり、この一週間、身体も心も、ガチガチだったみたい。
軽めの動きをしたときも、つりそうになったり、筋が痛かったり、自分でもわかる硬さだった。

アロマオイルで、お互いの手をマッサージ。
なるほど、この時期にこれはいいプログラムだった。
おっさん同士でやるのも、なかなか悪くなかった(笑)

夕食後、愛さんを囲んで、しばし団らん。
捨てるものは?ときかれ、ハタと困った。

いわれてみれば、欲しいものは思いつくが、捨てるものってあまり考えたことなかったっけ。
古いメール、年賀状、そして、わかったような気持ちになること、この3つを思いついた。

特に3つめの気持ち。
今回の震災で、あらためて感じたことだ。
確かに横浜に住んでいる私も、何かと大変ではある。でも、目の前で津波を見た人、被害にあった人。その人の本当の感情は、その人にしかわからない。

別に災害に限らない。
相手の気持ちに立って考えることは大切。これはやめるつもりはない。ただ、本当にその人の気持ちになるというのは、実は不可能なのかも、と思う。

この辺り難しい所だが、唯一いえるのは、自分の気持ちは、自分でわかるということ。つまり、自分に嘘をつかないことが大切なのかな、と。

震災後、伊勢でのリトリート。
明日、伊勢神宮にお参りに行く。
自分の気持ちと向き合って来ようと思う。

総勢16名。
小林愛先生の人柄だろう。やさしい人が集まったなという印象。いいリトリートのスタートです!


1300625931692.jpg


と書いていたら私の誕生日が近いのを覚えてくれていてプレゼントをわざわざ持ってきてくれた。
あまりの驚きに無愛想応対しかできずごめんなさい。ものすごく感激しました!
明日、早速着るかな(^ ^)

年に一度の人間ドック!!おいしいバリウムの巻

人間ドック。

船のドックになぞらえて、人間ドック。昔は、なんで人間犬(人間ドッグ)なんだろ?って思っていたなんてことは、恥ずかしくて言えません(^.^)

年に一度の身体の点検。会社が40歳以上に義務付けてくれている。
ありがたいことだ。

で、今朝、行ってきた。混むから朝早く行き、2番目ゲット。スムーズに検査を終えることができた。早起きは三文の得なのだ。

なんと、身長と体重が昨年とまったく同じ!びた一文と違わず。
問診の方に、えらくびっくりされたんだが、自分でもびっくり。
「えー、こういうのめずらしい、すごいです!毎日計ってるんですか?」
って聞かれた。

毎日計っているからといって、同じ体重にならんだろ、と思いつつ、愛想笑い。
多少の誤差やら増減があるはずなのだが、そんなことを含めて、たまたまピッタリ昨年と一緒だったんだナ。

ま、だから何?といわれればそれまでなんだが、なんだか不思議な体験だった。

しかし朝から水も飲まずに来いといわれ、最初に口にするのが胃の膨張剤と、つづけて、バリウム。
だからなのかな?苦手な人も多いようだけど、私には例年、おいしく感じられる(^^;;

いずれにしても、心と身体の健康、これがあることって、本当にありがたいことだ。
検査は年に一度だけど、日々、自分のことは自分でチェックしながら進もう!

Eyes' at コレットマーレ 桜木町の唄姫を感じたゾの巻

昔から親しくしているご夫婦。
その方が昔からご贔屓にしているアーティスト、Eyes' (アイズ)!

#公式サイトは、こちら→ http://eyesvoice.net/

以前からご夫婦から何度かお誘いいただいていたんだけど、なかなか都合が合わず、いけなかったんだけど、今日の夕方、ついに!!!

Eyes'のストリートライブ、はじめて行って来た!

コレットマーレ(Colette Mare)!そう、桜木町の駅前のこ洒落たモール。
本日17時の回に。

さすが歌姫!一曲目は、ハナミズキ、ですか♪しみますねぇ。
ご夫婦にも確認した上で、撮影OKってことで、今日は、Eyes'を激写させてもらった!

ベストショットはこちらの4枚ってことで!
どうでしょう?優しい歌声、伝わってくるでしょ!?
Dsc_1079 Dsc_1045
Dsc_1041 Dsc_1060

30分強のライブ、終わった後、Early Best MkⅡを購入し、妻はサインをもらった!
夫婦二人とも花粉症であることに、
「花粉症ですか!?私もです!」
などと気さくなEyes'
握手などもしてもらい。。。

4月28日の横浜BLITZのワンマンライブ、行きますよ!
チケットにもサインもらったしね!
こちらが、ライブのアピールをするEyes'さま。
Dsc_1122 Dsc_1123 Dsc_1125

#あ、会社は休むか半休にしなきゃな(^^♪

では、後の激写したEyes'は、こちらで↓
Dsc_1019 Dsc_1024 Dsc_1030 Dsc_1054
Dsc_1056 Dsc_1064 Dsc_1068 Dsc_1069
Dsc_1071 Dsc_1072 Dsc_1073 Dsc_1075
Dsc_1078 Dsc_1084 Dsc_1087 Dsc_1106
Dsc_1109 Dsc_1110 Dsc_1113 Dsc_1116

以上、Eyes'の活躍を祈って!明日からiPodで、Eyes'のベストⅡを聴きつつ出勤だ(^^♪

デジタル一眼デビューの年、バンガードのNivelo 204という軽量コンパクト三脚を勧める!

2011年。

1月2日、ヨドバシカメラの福袋Nikon D3000をゲット。これがデジタル一眼との出会い。

1月21日、価格.comで調べておいた秋葉原のお店で、AF-S DX NIKKO 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRをゲット。

そんで、軽量三脚を探していて、計られたように、日本最大のカメライベント、CP+が横浜であるっていうので、眼をつけていたバンガードのNivelo 204をチェックしたのが2月12日。

2月初発売とあるが、なかなかヨドバシの店頭に現れないので、2月22日、amazonで注文し、3月3日、Nivelo 204BKを無事ゲット。

ということで、デジタル一眼レフ、望遠、300mmにはちょっと軽すぎかもしれないけど、まあ旅行用と割り切れば全然使える三脚と、一通り揃いました。

で、この3点セット、初心者にお勧めできます。
今やNikonでいえば、D3000に変わって、D3100ということなのでしょうけど。

特に、三脚のNivelo 204。バンガードさんの商品。
折りたたんで30cm、軽量630gで、\7,980(実売価格)ですから、私のようなデジタル一眼初心者の最初の三脚として、最適です。私はカメラとの色合いで、ブラックにしましたが、ミラーレス一眼などに合いそうな、シルバーもあります。
#別に、バンガードさんの回し物ではないので、念のため。

で、本日、近くでその雄姿を撮ってきました!ちょっと頭でっかちかな^^;
P1070338 P1070341 P1070342

おいおい、この3点セットでの使用感などは、お伝えしていきたいと思います。

ルネサンス海老名へ遠征。峯岸先生のヨガで感じた、ヨガの本質の巻

日によって体調は違う。当たり前のことを感じた今日のヨガ。
その日の自分に合ったヨガをすればよいんだ、終わった後、そう思えた。

朝一でルネサンス港南中央のエアロローを終えて、急いで湘南台を経由して大和。そして、海老名へ。

妻の提案もあり、ルネサンス海老名へ遠征した土曜日の昼下がり。
久々のルネサンス海老名。

開始を待つ列。螺旋階段に並ぶのがここのしきたり。
13:10の開始に向け、13:00前に列に加わる。

峯岸師匠登場!あ、来てくれたの?という表情(だったと思う^^;)で、
「ちょっとおそかったかな?」
といいつつ、階段をてくてくとのぼられておりました。

マットが一面に敷き詰められる人気振り。
久々にお会いする方から、
「おーー!」、「遠路はるばるどうも。」
などと歓迎を受けたりして。。。なんだかうれしいねぇ。

さて、レッスンの切り出し、
「海老名は横浜より春めいてる。」
と、峯岸節。

どこからともなく、
「えーー??」
と、反論の声。

峯岸師匠が、
「自然がいっぱいってこと。ちらっと横を見たらネギ畑もあったし。」
と、すかさず。

そんなやり取りからスタートしたレッスン。海老名は75分。港南中央より15分長い。
座位でのウォーリア2など、私には初体験だった。

 ・肩甲骨周囲を拓く時に、秘儀「都はるみ」!(いた人しかわからんか)
 ・ブジャンガアーサナの時に、必殺「脇の下に一万円、都合2万円」!
など、新ネタを聴けたのは大収穫(笑)

今日の私は、どうも身体がガチガチ、オイルがない車のような状態だった
だから、ひねり系も、そっくり返り系も、バランス系も、なんだか今ひとつしっくりこなかった。こういうことを感じるのもヨガなんだろうな。

挙句の果て、ティティバアーサナに向かおうとする前、肩を両脚に入れようと四苦八苦していた所、思いっきりでんぐり返し^^;
自慢の広いおでこを、床にぶつけちゃった(笑)

ま、大した事がなくてよかったけど。。。

師匠は最後に
「わざわざ港南中央からきてくれた方もいます。ありがたいことです。」
と、我々のことに触れてくれたっけ。
こちらこそありがたいことです。

ということで、思いがけず行った海老名。
自分を見つめるというヨガの本質を感じたヨガでした。

海老名名物のビナウォークの七重の塔にて、本日、おしまい。
Q_1

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

お気に入りの持ち物

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック