フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« ロータス8での峯岸道子先生のプロップス活用術ヨガ2回目。今日も、活用しまくりましたね、の巻 | トップページ | 川崎競馬を初体験。浴衣姿の誘導馬とは、恐れ入ったの巻 »

顔じゅうヨガって?誰のこと?峯岸道子先生のパワーフローは夏らしいヨガの巻

パワーフロー。
夏は、パワーに限る。

この間の月曜日、海の日。
朝ヨガスペシャルは、まったり系。

だからなおさらギャップを感じたから、というのもあるが、今日の峯岸道子先生のスポクラヨガは、パワー全開だった。
しかも、いつもより10分ちょっと時間をオーバーする熱のこもったフロー。

でも、スタートは呼吸から。
「呼吸は肺にしかハイらない!」などと、おやじ真っ青なスタート(笑)

股関節から折り曲げる前の時の呼吸と、背中を丸めて折り曲げる前屈。
確かに、同じ深い呼吸でも、感じる場所が違った。
呼吸で導く!なるほどだ。
ハムストリングの硬い私には、股関節からの折り曲げがよろし。

そうそう、嬉しい気づき。
この間の月曜日、もう一つ、ロータス8でのプロップス活用系のヨガの時、肩甲骨周囲が柔らかくなったのを感じていたんだけど、今日もその延長で。
以前よりも、肩甲骨の間の背中の肉というか、肩甲骨周囲というか、何だか少しだけど柔らかくなった気がする。
これを継続すれば、ついつい猫背気味になる私の身体が、しゃんとするかも!
続けよーっと。

さてさて、タイトルにも入れた「顔じゅうヨガ」
さて、なんでしょう?

笑ったなぁ。
今までアントニオ猪木さんを例えに、顎の使い方を教えてくれていたが、
「顔じゅうヨガ。ヨガ向きの顔」
そう、アントニオ猪木さんのことです。
ここまで言ったのは、私が参加する中では初めてだった。
「なんでヨガやらないんだろ?」
って、もしかしたらやってるかも知れないだろ?と思ったのは私だけか(笑)
で、なんでアントニオ猪木かって?
それは顎を前に出して前屈。このコツを教える峯岸語録の1つ。

フローといえば。。。
ウォーリア1から、ウォーリア3への展開。
てっきりウォーリア2へ行くと思っていた所を、不意をつかれたっけ。
ウォーリア2もやっておきたいな、と思っていたら、ちゃんと後半戦でやってくれた。しかも、峯岸ヨガの真骨頂の1つ。流れるように、トリコナアーサナ、そしてアルダチャンドラアーサナへ。

ゴムカーサナからの立ちあがり、そして、バランス。
最後まで、飽きの来ないフローに、爽快な汗。
日曜夕方、いいヨガです。

「来週は来ません!」

あ、代行のお詫びの印だったのか10分超えは?とも思わせる、絶好調のパワーフロー。そっか、来週はヨガはお休みだっけ。
残念。。。

« ロータス8での峯岸道子先生のプロップス活用術ヨガ2回目。今日も、活用しまくりましたね、の巻 | トップページ | 川崎競馬を初体験。浴衣姿の誘導馬とは、恐れ入ったの巻 »

ヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206390/52294819

この記事へのトラックバック一覧です: 顔じゅうヨガって?誰のこと?峯岸道子先生のパワーフローは夏らしいヨガの巻:

« ロータス8での峯岸道子先生のプロップス活用術ヨガ2回目。今日も、活用しまくりましたね、の巻 | トップページ | 川崎競馬を初体験。浴衣姿の誘導馬とは、恐れ入ったの巻 »

お気に入りの持ち物

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック