フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

妻合流!やっぱ二人がいいね、そして、車もゲットで新たなスタートだ!の巻

1月末というのに、18度ほどの気温。快晴。
3ケ月ぶりに妻を迎えるには、最高の日和だった。

会社もとっておいた赴任休暇の1日をあててお休み。

先週の雨に、砂ぼこりが重なって、非常に汚れていた車も直前に洗車。
準備万端で、サンフランシスコ国際空港へ向かった。
何だかそわそわして、かなり早めに出たけど、さすがに早すぎなので、スタバで一息ついたりして、到着!
P1040008

空港の国際線の到着出口。
お、予定よりも30分はやい到着だ!いいぞ!
P1040013

で、よくできたもので、テレビモニターで向こうから荷物を運んでくる人を映している。
P1040014

あ、いたーーーー!
たくさん荷物を持ってきてくれて、大変だったろうなぁ。
しかも、しばらく不在にするためのもろもろの手続きも、すべて一人でやってくれて。これも大変だったろうなぁ。ありがとう。
P1040015

ま、互いにそうだが、特別な抱擁などはせず、淡々と、だけど、なんだかほっとした感情で。
たくさん持ってきてくれた荷物を、車に運んだ。

家への道は少し渋滞。
これまたたわいもないことを会話しつつ、あっという間といった感じ。

本日、厳選して買っておいたナパのワインで乾杯!
そんなに高いものではないのだけれど、味は格別だったなぁ。
P1040030

新たなスタート、本当に最初のころの殺風景な部屋が、徐々に荷物が揃い、そして、妻が着てくれて、、、ジグソーパズルが完成していく感じ。。。
いよいよだなぁ。

明けて本日1月28日。
このあたりで暮らすためには必須の車を買いにホンダへ。
悩んでいても仕方ないので、即決!
Civicのセダンにした。

アメリカの車は、ディーラーがストックを持っていて、日本で言う中古車展示場みたいな感じで新車が並んでいる。気に入った車をそこから選ぶというビジネスモデル。
で、契約がすめば、乗って帰れるって寸法。
納車待ちしなくてよいのは楽だわい。
P1040032_2 

いったん、銀行にいってチェックを作ってもらって支払い。
めでたく私たちのもう一台の車ができました!

ディーラーがストックしてて、そのまま乗って帰るならナンバーはどうするの?という疑問がわきますが、しばらくナンバーはディーラーの名前のままです。
そう、しばらくHondaナンバー!
窓に、仮登録証を貼り付けておくだけ。
P1040034_2 

1,2週間で登録証などが送付されてきて、切り替えるってわけ。

あまりにHマークに似合うナンバーで、ずーっとこのナンバーがいいなと思えるくらいでした。

ダルビッシュがアメリカに来る前日、レンジャーズボールパークに行ったよ!の巻

背中がぞくぞくした。
アメリカのボールパークに初めて入ったのは、ダラスへの2度目の出張の帰り。
このオフ、最も注目されている球場といってもいい、レンジャーズボールパークへ。
Imag0234

行ったのは、昨日の夕方。
一夜明けた今日、2012年1月20日。
ダルビッシュがその球場で会見を行った。

前日に同じ場所にいた?だから何?なのだが、
でも、なんだかうれしいのである。

別に予定していたわけではなかった。
1件打ち合わせがキャンセルになり、帰りの飛行機の時間に余裕ができたので、最近、ダラスに引っ越した同僚が、いってみるか!の一言で決定!
だから、デジカメを持っていなくて、スマホの写真だったのがちょっぴり残念。。

すぐ側に、カウボーイズスタジアム。国民的スポーツであるアメリカンフットボールのスタジアムもある。
これがまた驚くべき大きさのドーム。10万人入るって。
やはり、テキサスにおけるカウボーイズの人気を象徴しているといってよい。
やっぱり、野球よりはアメフトが人気なんだよな。
しかし、でかかった。
Imag0229 Imag0230

そこから1kmくらいかな?レンジャーズボールパークがある。
外観は、先日外から眺めたサンフランシスコジャイアンツのホームであるAT&Tパークと似ているレンガ色。
雰囲気の良さは、ボールパークという名前があらわす通りだ。
Imag0232

スタジアムツアーがあるぞ!
10ドルか。時間もあるからいってみるべ!ということで、行ってみる。

年配の品のよさそうな白髪のおばあさんが、我々3人を、ゆっくりと案内してくれる。貸し切りのスタジアムツアー。
中から、カウボーイスタジアムも見えた。
Imag0237

球場の雰囲気、記者達が観戦する部屋。
Imag0241 Imag0242 Imag0245 Imag0248

ビジター側だけど、ダッグアウトも。そこからみたグラウンド。いやーボールパークはいいな。興奮したなぁ。
Imag0250 Imag0260 Imag0258 Imag0261

で、時節柄一番興奮したのが、インタビュールーム。
を、ここでダルビッシュがインタビューやるんだよな。
とりあえず座っとくか、で、パシャリ。
Imag0254

球団関係者気取りで、もう一枚。パシャリ。
Imag0256

Yu Darvish, 11
Texas Rangers

日本にいるとき、北海道出張に行った大ボスとボスに、日ハムの試合のチケットを取ってあげた(お金はボスのお金ですが)ことがある。
その試合で投げたのも、たまたまダルビッシュ。すごく喜んでくれてたな。
っていうか私も見たかったけどさ、、、
で、クリアファイルコレクターの私に、ダルビッシュクリアファイルを買ってきてくれた。今、そばにある!
P1040001

そのダルビッシュもアメリカへ。
無理やりつなげている感はあるが、なんだか不思議な縁。

ダルビッシュがアメリカで投げる。レンジャーズの一員として投げる。
このマウンドで投げる。
Imag0262

このレンジャーズ、今だワールドシリーズを制覇したことがない。
レンジャーズの現球団社長兼オーナーは、かのノーランライアン。

この名ピッチャーが投資をしたダルビッシュ、彼の力で世界一ということになれば、カウボーイズの人気に加え、テキサスのスポーツ王国ぶりが加速するだろうな。
Imag0264

どんなドラマを魅せてくれるかな?
一回は生で見てみたいな、いや、見るぞ!

そして、自分も自分のマウンドで試合を作るぞ、と、あらためて感じた夜でした。

おしまい。

二度目のGolden Gate Fields、カリフォルニアダービーゲットの巻

考えてみれば、私にとって、2012年の初競馬だったんだな。

ダービーとつくと、つい心が騒ぐ。
グレードレースではないのだけれど、カリフォルニアダービーとは、だいそれた名前をつけたレース。3歳馬限定。

このレース名にもひかれ、2度目のGolden Gate Fieldへ向かったのは昨日。
1月とは思えない暖かい土曜日。
50マイル程離れたGolden Gate Fieldへ車を走らせた。
この日。ファンサービスでフリーで配布されるスウェット。
入場料が6ドル。フードもついてなかなかよさげだったので、月末に来る妻の分も含めて、もう一回入場して2つ貰った。
アメリカの皆さんも、結構現金なもので、手に5,6個とか持っている人もザラ。
中には、これだけ貰って帰っていく人も!!!

後、貰ったら着よう!という人も多く、競馬場の中は、黒のパーカーつきのスウェットの方が大勢!アメリカの方、素直というか合理的な考えの人が多いのかもなぁ。
P1030998

さてさて、競馬。
いい天気だと競馬場はいい気分転換になる。
清々しい日和でストレス発散!

Santa Anita Parkと違い内馬場には入れないし、パドックが馬場のすぐそばにあるってことで非常にコンパクト。
ある意味これも合理的といえば合理的。
Dsc_6774 Dsc_6775 Dsc_6777

コース全体を見下ろしたくて、ボックス型の指定席のあるところに行って、自由に座れる場所を聞いていたら、
「私がゴール前の場所に案内してあげるわ。3ドル払えば座れるのよ!」
といわれて、え?4人掛けですけど、一人で3ドルでいいの?
と思いつつも、おばさんにのった!
すばらしいナビゲート、ありがとう!おばさん。
Dsc_6798 Dsc_6785 Dsc_6806


で、特等席からのレース見物が保証されたので、1Rからパドックでの馬チェックをベースに予想。
オッズの見方も、今回がアメリカ競馬3回目ということもあり、徐々にわかってきた。
Dsc_6780 Dsc_6782

突然ですが、第一回、アメリカ競馬入門。オッズ編。

例えば、日本でいう単勝馬券は、Winといいます。
私はもっぱら単勝派なので、よく単を買うのですが、お気に入りの馬のオッズに、3/2と書いてあるとすると、ガチガチやなぁ、1.5倍かよ、ではなく、

2ドル買うと、3ドル儲かるという意味。
なので、2ドル投資して、当たったら5ドルになるってわけで、日本式でいえば単勝 2.5倍ってこと。ま、これでもそこそこガチガチですかね、笑。

分数表記ではなく、5とかあるとすれば、5/1ということで、1ドル買うと5ドル儲かるわけで、日本式でいえば6倍。
ややこしいのは2/5とかだと、5ドル買うと2ドル儲かるってわけで、暗算の苦手な私には難しい。ま、計算すればわかりますが、1.4倍ってことですよね。

以上、アメリカ競馬入門編でした!

また、馬券の種類などは、またお話しますね。競馬場によっても売っている馬券が違ったりして面白そうです。

で、勝負。
1Rからそのパドックで馬を見て、おぉーっと思った馬を買い早速ゲット!

4R目に、隣のボックスに座っていたお父さんと男の子の親子が、話しかけてきたので、会話しつつ見物。
男の子が
「何番が勝の?」
と聞くので、
「No.4!」
といったら、本当に4が差し切って!
お父さんと、ハイタッチまでしちゃいましたよ(^_-)
Dsc_6797 Dsc_6799_2


その後、5R,6R,7Rとはずして、、、収支がトントンに、汗。
で、あっという間のメインのカリフォルニアダービー!
本日の8R。

こちら、パドック眼で「6」に集中投資。その名は、Russian Greek!ロシア?ギリシャ?どっちやねん的な。で、写真も6に集中。
Dsc_6818 Dsc_6820 Dsc_6822 Dsc_6825

馬の感じは、4Rの4番ほどよくは見えなかったんだけど、ジョッキーが今年のリーディングを張っている人だし。。。
やっぱダービーと名がつく限り、そこそこの人が勝つはずと思い。
なかなかの男前の、Aaron Gryder ジョッキーにかけた!
Dsc_6826 Dsc_6827 Dsc_6828

で、夕暮れのベイエリア。
Dsc_6830 Dsc_6831

いよいよスタート。
Dsc_6832 Dsc_6833

おーい、6番さーん。そんなに場群から離れた最後尾でいいのーー?

と思っていたら、4コーナーを回り直線に向かったら、脚色が変わり、ぐいぐい追いつき、そして、ゴール手前、見事な差し切り勝ち!
馬込みを避け、余裕の差し切り勝ちってやつだね。

ありがとう。そして、おめでとう、Russian Greek、Aaron Gryderジョッキー!
Dsc_6838 Dsc_6840 Dsc_6841_2

思わず両手をあげてガッツポーズ!スカッとしたなぁ、本当に。
我ながら馬を見る目があったかなと。
で、カリフォルニアダービーゲット(^^)/
Dsc_6836 Dsc_6839

9R目が最終レースだったけど、本日はここで閉店。
入場料や食事代などが、馬券で養えたってことで、収支もそこそこ満足。

年明けからいろいろなストレスがあった時期。
そんな日に青天の競馬場。
いい一日になりました!

今度は2月かな?妻とこよう!

つづく。

やっと見つけた、一眼レフカメラとiPadが入るバッグ!TENBA messenger mini、届いたヨの巻

ずーっと探してたんだ。日本にいるときから。
去年の福袋でゲットしたNikon D3000。
そして、iPad。
こやつらを一緒に入れて動けるバッグ。

いわゆる、「私はカメラバッグでーす!」的なものは結構あるんだけど、、、
そうじゃなくて、街歩きの時に持ってもあまり違和感のないものを探しており、、、
しかも、カメラだけではなく、iPadが入るのが欲しくて、、、

アメリカに来てからもずっとショッピングモールとか家電ショップを見てたんだけど、いいのが見つけられなくて、、、

結局、amazonさんにいきつきました。

年明け早々、自分へのお年玉として買ったバッグ!
これ、amazon usaで初のお買いもの。
無料配送で昨日の夜帰宅したら届いており、先程、アパートのリーシングセンターに行って受け取ってきました(^^)/

ネットでの購入なので、届くまで色とか実際の大きさとか質感など、不安な所があったのですが、いいぞーーー!これ。

実は、「青」を選ぶことは今までほとんどなかったんだけど、なんか、今回のバッグについていえば、青がいいな、って思えたんだよな、何でだろ?
青、いいな、色的にも。
P1030991

で、早速Nikon D3000とiPad2を入れてみました!
いいぞいいぞ!
P1030998 P1030993

狙ってなかったんだけど、街写し用に買ってた、VANGUARD Nivelo 204の三脚もぴったり入る!
P1030994

閉じた状態でもジッパーを開けるとメインのフラップを開けなくても中にアクセスできるし、
もちろん、ショルダーにかけられるし、
ポケットも多いし、
P1030995 P1030997

さて、これで「ゆめの眼」撮影時には、このバッグと出掛けるぞ!
コンデジのLumix TZ20も入れられるしね、もちろん。

カメラバッグをお探しの皆様、自信を持ってこのバッグ、お勧めできますヨ!
ちなみに、カメラがないときは、間仕切りを取って、普通のバッグとしても使えるって。更に気に入った!

あ、最後に一言。
TENBAのまわしものではありませんので、念のため(^_-)

詳しくはこちらで!
http://www.tenba.com/products/Messenger-Mini-Photo-Laptop-Bag.aspx

日本のamazonでも買えるんだって。もっと早く気がついてればよかったな(^_^;)

2012年の初日の出、Twin Peaksからサンフランシスコを眼下に拝むの巻

01

2012年、”辰”の年。
元旦は、サンフランシスコ。
アメリカに”立つ”

思えば、昨年は横浜のみなとみらい。綺麗な飛行機雲に飾られたの初日の出だった。
その飛行機に乗って、今は、カリフォルニア。

初詣するお寺も神社もないので、初日の出に今年をお祈りする。
どうやら、日本人は考えることが同じらしく、ほとんど街中で耳にしない日本語が、あちらこちらで聞こえてた^^;

6時に家を出て、車を飛ばす。
目指すはTwin Peaks。サンフランシスコを見下ろす丘。
7時前、到着。駐車場も結構混んでる。

お、うっすら明るくなってきてるぞ。
03

ゴールデンゲートブリッジも、
Dsc_6717

ベイブリッジも、
Dsc_6730

そして、サンフランシスコの街が、太陽の力を待っている。
Dsc_6716 Dsc_6723

枕草子ではないが、春はあけぼの、、、山際 すこしあかりて、、、
Dsc_6745 Dsc_6746

で、太陽の力。
02_2

日の本の国に生まれたものとしては、凛とする瞬間!
今年も、どうぞ素晴らしい一年に。
Dsc_6747

太陽にほえろ、的だな、とも思いつつ、シャッターを切る手は、かじかんでいた。
結構風が冷たく寒かったのね、丘の上。
Dsc_6749 Dsc_6752 Dsc_6756

横を見れば、朝日をあびた街、サンフランシスコ。
Dsc_6770_2

都会の朝、美しい街だ。
Dsc_6764 Dsc_6765

ゴールデンゲートブリッジが一番美しい時間かも知れない。
Dsc_6766

高くのぼった太陽。神々しさは、何物にもかえがたい。
Dsc_6771_2

昨年に続いて太陽の力で明けた年。
太陽から力をもらって、今年もいくぞ!

2012年、どうぞ、今年も皆様にとって幸多き年でありますように。

そして、「ゆめよが」引き続きごひいきに_(._.)_

Happy New Year!!!

峯岸先生、ACO先生、小林愛先生、それに、ヨガも競馬もありがとう!国内で何度もNew Yearを祝える国、アメリカで年を越す!の巻

激動の一年だった。
もちろん、前半の震災。都内勤務の私にとっても衝撃だった。
今年だからやろうといった、仕事仲間での花見も、今年ならではだったっけ。

ヨガもいろいろ深まった。
峯岸先生ACO先生小林愛先生、私のお気に入りのこの3人の先生のヨガは、楽しくもあり。
大袈裟ではなく、自分の生き方を見つめる時間を与えてくれるヨガを、今年もこの3人からは伝えてもらった。
ありがとうございます。
アメリカ行きにあたっても、いろいろしてくれたっけ。ありがたい話だ。

競馬は初の日本ダービー観戦。春の府中G1は全部いったし!中山も久々に。
アメリカ赴任後は、ゴールデンゲートフィールド、サンタアニタ。
そうそう、川崎、大井、船橋。南関も結構いったな!

で、青天の霹靂!
7月に告げられたアメリカ赴任。
そして、こうして年の瀬をアメリカで迎えている。

年の瀬の今日。日本は一足お先に新年になった。
日本人の私。シリコンバレーは、日本のスーパーも多いので、鏡餅と門松の小さいのを買ってきてベランダに置いた!
その他は、先日遊びにいったHollywoodのHard Rock Cafeで、imaginの寄付をしたら、お礼にもらえたグッズたち!グラスにそそいだ日本酒は、Rockグラスにお似合いかな、笑!
準備は万端だ!
P1030951_3

まずはニューヨークのカウントダウンではじけて、
サンフランシスコのカウントダウンで本当に年を越す。
ま、両方ともテレビ(Ustreamもやるらしいぞ)、だけどね!
Rockの紅白だな、こりゃ!

・Ustream
 http://www.ustream.tv/schannel/nye2012/channel/earthcam
・ABC.com
 http://abc.go.com/shows/dick-clarks-new-years-rockin-eve-with-ryan-seacrest-2012

で、今年最後の記事に一言。

今年はいつもの年以上に、この言葉をいっておきたい心境。
本当に、皆さん、ありがとうございました!
皆さんに、また、素敵な一年が来ますように!
_(._.)_

を、あと6時間切ったな、2011年。

来年も「ゆめよが」ごひいきに!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

お気に入りの持ち物

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック