フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

真実を見つける!流れるような重みのある英語の語りで心地さを感じるヨガの巻

この週末、天気も今一つだったので、土日ともにヨガのレッスンに参加した。
そうそう、これが、私たちが通っているスポーツクラブ、Decathlon。
入口を入ると、ビルの中に広がる美しい中庭。
いい雰囲気なのだ。
P1040370 P1040366 P1040368

土曜日。先週に引き続き、Gracie先生のVINYASA FLOW。

厳かな音楽、少し暗めにした部屋。
静かに構えて、静かにヨガを始める。

Gracie先生、流れるような口調。
語りは決して重すぎず、だけど、重みのある言葉が、非常に心地よい。

「Truth(真実)を見つける!」

ヨガの意味をそう語ったGracie先生。

先週に引き続き、ピジョンの時、私の腰を押してくれた。
呼吸を合わせて、じんわりとピジョンが深まる。
すごくよい。

スポーツクラブのヨガで、この感覚のヨガを受けられるのは、ありがたいな、そんな感じにさせてくれるGracie先生のヨガです。
今まで受けた中では、私としては一番好きな先生ですね。

日曜日。CXWORXの後、VINYASA YOGA 2-3。DEBORA先生。

こちらは、Gracie先生とは違い、笑顔でポップな音楽とともにスタート。
ADELEのRooling in the Deepもかかったっけな。
そして、さすがにVINYASA YOGA 2-3ということもあり、きつめのフローが続く。

サイドプランクからヴジャンガに入り、逆のサイドプランク。
これを繰り返す所では、DEBORA先生、嬉しそうに笑っていた!
恐るべき不敵な笑み系。
私、撃沈。。。

今日は、昨日のピラティスの後遺症で、かなりの筋肉痛が残っていた後、直前のCXWORXで追い打ちをかけた後のヨガだったので、もう使い物にならない身体だった、笑。

時々チャイルドポーズで休みつつ1時間半を乗り切る。

今日ははじめてこのクラスに参加する人も多かった。
なので、やや軽めのフローでの組み立てだったとは思うが、やはり、DEBORA先生のフローはきつめなのだ。

でもアーサナだけではない。最後は、オームに加え、シャンティーもみんなで口にしたっけなぁ。

「オーム」を口にする時、目を閉じて手を合わせる。
なんともいえぬ心地よさを感じる瞬間。

心がざわざわしているとき程、オームの響きが心にくるような気がする。

ジャグジーに入って、筋肉をほぐして、週末のスポクラ終了!
また来週も忙しいだろうけど、ふんばろう。

それと、ぼちぼち春らしい天気になって欲しいな!ね、お天道様!

お、これピラティスですか?いや、明らかにいじめ!?の巻

人には役割がある。そう思う。
小さい頃から、結構いじられキャラ。
まさか、アメリカに来てまで、そうだとは。。。

MAT PILATES INYOUNG先生。

いつものBecky先生ではなく、急きょ代行だった。

アジア系のにこやかな、そして、優しそうな先生。

おもむろに丸い輪を持たされ、目の前に。
そこから、地獄の筋肉いじめがはじまったのであった。。。

まったくもって、容赦ない。
少し手を抜いていると、近づいてきて、修正する。

お約束のカウント10。
途中で、4を2回くらい繰り返したり、急にカウントする速度を遅くしたりするのは、序の口。

腹筋をしていて脚があがってないとみれば、つかつかとやってきて、
「UP!!!」
と、気合を入れる。

いつもいる、筋肉マニアの女性が、ただ一人、嬉しそう!
「What’s Next?」
と、もっともっとーー!と、次をせがむ。

こちとら、真剣そのもの。
「シーッ、」
と、真剣な息遣い。INYOUNG先生に、ウケてたっけな、この呼吸。

「みんな、鏡で自分の顔をみるべき!」
と、せせら笑うINYOUNG先生。

そりゃそうだって、真剣でもできない筋肉トレーニングだもん。
なんと、途中、二人が脱落し、部屋を出た。

どんなに大変でも、私たちは、そんなことはしない。出来ないなりに、笑いながら楽しむのが信条、笑。

腹筋、背筋、脚、腕。あらゆる筋肉をまんべんなくいじめてくれた55分。

極め付けは、最後のポーズ。
ダウンドッグライクな恰好をして、やや膝を曲げてしばしじっとするというやつ。

どうやら、私は目を付けられていたようで、、、
「他のみんなはいいよ、Except this gentleman!」
と私が名指しされ、つかつかと側に来て、一人だけを指導。

「違う、もっと膝を曲げて、そう、腕をそのまま、動かないーーー!そのままーー!」
と、いじめ抜かれた!
きつかったーーー!

苦しみつつ、みんながにこやかに笑っているのが聴こえた。
あ、俺、今、おいしいところ!?つい、関西芸人のような気持ちになった、笑。

INYOUNG先生、お子さんが生まれてしばらくクラブを休んでいたそうだ。
母は強しなのか!?
それと、、、これ、ピラティスなの!?

終わった後、
「私はクラスを持っていないけど、また会いたいわ!」
と、笑顔のINYOUNG先生。
実は、帰り際に初めて名前を聞いたんだけど、そしたら、ハワイに住んでいたことがあり、少し日本語がわかるとか。

「はじめまして、ヒロさん!どうぞよろしく!」
って、本当によろしくですよ、笑。

またINYOUNG先生のレッスンあるかな?
意外に癖になりそ、笑。

おしまい。

数字のマジック!だから何?いや、不思議な不思議な誕生日の未明の巻

時差があるので、誕生日はややこしい。
先に日本が明け、そこからおめでとうが開始。こちらは誕生日前日。
「日本で生まれたんだから」、とは、妻の母からのお祝いメール。

で、早寝の金曜日。
妻曰く「目が覚めたら誕生日だね!」でおやすみ。

で、あっという間に寝ることにかけては天下一品の私。
爆睡開始。

目が覚めて、時計を見る!

「おーーーーー!!!」思わず声をあげた。

デジタルの目覚まし時計が、指していた時間は、、、

3:24

思わず、寝ていた妻を起こして、
「なにーーー?」
と、言われつつ、時計を指さしてこの驚きを伝えた。
「こんなことで起こしたの?」
とポツリ、笑。

ということで、今年の誕生日、2012年3月24日。
今から行動開始です!
不思議な不思議な数字のマジックに、きっといいことあると信じて、、、

お祝いをくださった皆様、ありがとうございます。
また、いい一年にしていきたいと思います!

妻を起こして、3:25になっていなかったのが、新たな年の最初の幸いでした。
おあとがよろしいようで。

不敵な笑みのVINYASA YOGA、流れあるフローで身体も復活の巻

ここの所、朝は6時半に起床。休みの日も、会社の日も。
これがリズム。

昨夜は、疲れもたまっていたので、22時頃バタンキュー。
だからじっくり寝たはずだけど、今朝はまだ眠かった。疲れがたまってるんだな、きっと。
でも、リズム通り起床して一日がスタート。

ゆっくりとした休日の朝。
ベランダに出てみると、雨上りで、カラカラの空気からしっとりとした爽やかな空気に変わっていた。
そんな中、今朝もスポーツクラブへ。

CXWORX AMY先生。

30分間の筋肉いじめ。特に腹筋系。
一気に目が覚めた!
音楽に合わせてやることもあり、淡々と腹筋運動をするよりも、楽に(楽じゃないけどね、実際は、笑)、取り組める。

ゴムを使って脚周りを攻める。
サイドプランクとか、プランクでのキープとか、これでもか、と筋肉を使う。
大好きなADELEの音楽が今日も流れた!
歌いながら取り組んでみる。サイドの腹筋をADELEで鍛える。
Rolling in the deepで鍛える、笑。

「Good Job!」で、終了。

VINYASA YOGA 2-3。DEBORA先生。

DEBORA先生、今週もCXWORXから参加してた。
こちらのインストラクターは、他のクラスにも結構参加しているみたい。

ダウンドッグから開始された今日のヨガ。
途中、CXWORXか?と思われるような、プッシュアップとかも混じる。

「CXWORXのAMY先生は、私のクラスはきついから出ないって!」
と、不敵な笑みを時々交えながら、
確かにきつめのフローが特長な、この日曜のクラス。

捻りのポーズから片脚を後ろにあげ、そんでリバースハーフムーン系。
そのままくるりとウォーリア2へ!
先週よりもかなり流れのあるフローだった。組み立て自身が、かなり楽しめた。

しめはいつもインバージョン系。
好きな人は壁にいって!と。

今日は壁を使わず、三点倒立とか、実は今日のフローの中で出てきたフライングピジョンなどを自主練習していた。そこに先生がやってきて、私達夫婦に話しかけてくれた!

「あなたたち楽しんでるよね!」
妻の方を向いて
「すごくいいよね!」
私の方を向いて
「一方、、、、」
的な、笑。

いいんですよ、ヨガは、これで。

ま、DEBORA先生もいっていた。
「VINYASA 2-3だから、ちょっと高度な部類。だけど、この時間はあなたの時間だから自由。見てるだけでもいいのよ!
と、またまた不敵な笑いで。。

そうそう。比べるわけではないのだ、自分なのだ!
シャバーサナとオーム1回で、今日のレッスン終了。

終わってジムのお風呂を出て、眠気も吹っ飛んでいるし、朝起きた時とは別人のような気分。本当に身体がすっきり!
身体を動かすのって、本当にいいことなんだろうなぁ。

天気も予想よりもよく、青空がちらり。
さて、買い物でも行ってくるか!という日曜の昼下がりです。

ピジョンのアジャストと、かっこいいガルーダアーサナの巻

仕事量が半端ない。
アメリカは、残業がない、というのは、ローカル社員にいえることなのか?

朝は7時半から、夜の11時。会社にこもりっきり。まさにセブンイレブン!?しかも、昼飯食わず。そんな日が、数日あったこの月~金。

天気もここの所、パッとしない日が続いている。
どうやら、来週の月以降、春がくるらしいが、、、

でも、本日、土曜日はお休み。
天気もそんなによくないので、散髪に行って、その足でスポーツクラブコース!

MAT PIRATES(マットピラティス)。久しぶり。
Becky先生。

ボールを脚に挟んで腹筋とか、バランスを取りながら軽く捻ったり。
なかなか楽しいのだ。
ボールの上に乗っかって体を前後に動かして、プッシュアップとか。

一緒にやっている人の中に、女性で筋肉マニアの方がいて、
「もっとーー!(あ、もちろん英語で)」
と言っている中、こちとら、ぎりぎりついていく感じだけど、何か?笑。

VINYASA FLOW。
今日は、シャバーサナで消えたLYNN先生ではなく、Gracie先生。

プラナヤマ。右と左の鼻で交互に息をするってやつからスタート。
いわゆる正当なVINYASA FLOWだった。

ピジョンの時、でっちり系が目立ったのかな?腰をじわーっと何度かPushしてくれて、それに合わせて呼吸をして、ポーズも深まり気持ちよかった。
こちらのヨガは、本当にピジョンが大好きみたい。

あと印象に残ったのが、ガルーダアーサナ。
両手をすっくと左右に大きくまっすぐ広げて、「右手が下で交差!」、というやいなや、
するりとガルーダに入るのは、なかなかかっちょよかった。
英語を理解しながら、あれ?どっちが上だっけ?と悩みつつなので、こちとら、かっちょよくないけど、何か?笑。

シャバーサナでは、かなり眠気が襲ってきて、寝ていたかもな。

何かざわざわしたら、この位置で手を合わせて!と、胸の前。
オーム三回で終了。

ヨガに感謝!そんな土曜の昼下がりです!

キャット&カウポーズで、まさかの、、、の巻

CXWORX。
30分間の筋肉いじめ。先日に引き続き、今日もいってきました。

その途中、リズミカルな音楽と共に、ヨガでもおなじみのキャットアンドカウポーズをやるところがあった今日のCXWORX。

キャットアンドカウ。
背中を反ったり、丸めたり。

その時だった、

「ニャーーー!」

え?えええ?

再び、
「ニャーーー!!」

恐るべきアメリカ。キャットポーズで猫の声。しかも、複数。
何でも楽しむアメリカを垣間見た気がする。

なりきることが大切なのかも^^;

ちなみに、さすがのアメリカでも、ヨガのレッスン中には、”まだ”、この声を聞いていません、笑。

それと、なぜ、「もーぅ」がないのか?アメリカの七不思議のひとつです(・.・;)
考えただけで、もーぅ眠れません。

おそまつ。

ツアーコンダクター初体験!1日でサンフランシスコを味わってもらうには、、、の巻

先週の日曜日の夜から、週末を挟んで、日本から出張してきている2人がいる。
日本では一緒に仕事をしたことがなかった二人だけど、今回、お客様先に一緒にいって初めて仕事を一緒にしていて、週明けの水曜日に帰国する予定。

妻も来て間もないこともあり、休日にお付き合いするのはやめておこうと考えていたんだけれど、、、妻からも、
「私のことはいいから、せっかくこちらに来ているんだから案内してあげたら?」
という言葉もあり、土曜日は、この人たちに、サンフランシスコを楽しんでもらおうと、プチツアーコンダクターを買って出た!(^_-)
シリコンバレーへ来て5ケ月弱の私なりの経験を踏まえて、いざ!

8時半ホテル出発!

「ツインピークス Twin Peaks」

まずは、Twin Peaksへ。ここは車がないといけないのと、美しいサンフランシスコの街を一望できるのと、街の形状をつかんでもらえるかな?ということで最初に向かった。
車で坂をのぼる途中、サンフランシスコの街並みが見えた瞬間、
「うわーーー!すげー!」
と感動の声が。やっぱ、正解だったな、ここをスタートにして。

双眼鏡を持参していき、遠くAT&T PARKも確認できた。

「ゴールデンゲートブリッジ Golden Gate Bridge」

で、やはり次はこちら。
ベイエリアの青と、ここまでマッチした橋はない。赤く輝くゴールデンゲートブリッジを見て、こちらでも歓声。
P1040312 P1040310

「フェリープラザ Ferry Plaza」

Pier9側の一日駐車場は、もう何度目かな?常連になってきた。
1日泊めて10ドルなので、お得。
そこからやや歩いて目指すはフェリープラザ。
土曜日はファーマーズマーケットで賑わっている。新鮮な野菜や、オリーブオイル、キノコとか。サンフランシスコの食卓の味方!ゆっくり見る時間は取れないが、雰囲気だけでも感じられて楽しい。
ここに来たもう一つの理由は、ミュニパスポート(Muni Passport)を買うため。ミュニバス、ミュニメトロ、ケーブルカーに一日自由に乗車できて、14ドル。ケーブルカーに2度乗ると12ドルだし、都度お金を支払う手間もないので、チャレンジしてみたってわけ。
P1040314

そのフェリープラザから、これは私も初めてのミュニメトロに乗車。レトロな路面電車は、趣がある。
P1040316 P1040318

「ピア39 Pire39」

フェリープラザから、ピア39まで乗車。
こちらでは、コテコテ系の観光地系お土産を買いつつ、ベイの雰囲気を味わう。
P1040320 P1040326 P1040327

それと、アシカ。Sea Lionの群れに、「ぉおーー、」。
P1040321

「フィッシャーマンズワーフ Fisherman's Wharf」

ぼちぼちお昼なので、フィッシャーマンズでランチ!
P1040328

BOUDINではなく、露店が並ぶ奥にあるテーブル席のあるシーフードレストランで、お約束のパンに入ったクラムチャウダーをいただく。
私の味覚では、前回音BOUDINよりも、こちらのクラムチャウダーの方が美味しかったし、量も多かったと思う。
P1040329 P1040330 P1040331

「ケーブルカー Cable Car」

続いて向かうは、名物のケーブルカー。POWELL-HYDE LINE。
P1040344 P1040348


前回よりも混雑してたので、4台くらい待ったかな?特に時刻表がないアバウトな運航のケーブルカー。運よく一番先頭の座席と、その前の立ち席をゲットでき、「おーー!」という歓声と共にアップダウンが続くサンフランシスコの街を駆け抜ける。
終点まで行き、やや冷えてきたので、ショッピングモールの地下でカフェで一息。
P1040341_2


「ユニオンスクエア Union Squre」

ケーブルカーで来た道を逆戻り。急な上り坂を散歩。
建物がそれぞれ趣がある造りで、歩いているだけで楽しい。
ケーブルカーにもう一度、ということで、CALIFORNIA LINEの乗り場でしばらく待っていたけど、結局なかなかケーブルカーがやってこず、散歩継続で、金融街を抜けてスタートポイントのフェリー乗り場、そして、駐車場で車を出す頃にはもう夕方の4時頃。
P1040349 P1040350 P1040351 P1040352

「AT&T PARK」

サンフランシスコジャイアンツのホームスタジアム。
中に入らずとも外から球場の雰囲気を味わうだけで、わくわくするのがアメリカのボールパーク。

AT&T PARK前のコインパーキングに駐車して、駆け足で球場見物へ。
予想に違わず、二人とも大喜び。アメリカの球場は本当にすごいと思う。
ショップでお土産も買って大満足の様子。
ツインピークスで双眼鏡越しに見ておいたのも功を奏した模様。
P1040353 P1040354

「Great Mall」

で、サンフランシスコを後にして、シリコンバレーへ。
どでかいアウトレットモールGreat Mallにお連れして、お土産購入タイム!
COACHで奥様へのお土産とか、GHIRARDELLIで会社へのチョコレートとか。日本から沢山買い物を頼まれてきたそうで、意外に時間を取ってモールを一周。
実は、ここで妻が合流!

「FaultLine」

Great Mallで食事をして帰ろうと思っていたら、お目当てのイタリアンカジュアルレストランが45分待ちだとか。
それではということで、ホテル近くのビアレストランFaultLineに戻り、妻も交えて4人で乾杯。
私は得意の利き酒ならぬ利きビールで。
平日は空席なしの状態のこのお店ですが、土曜日はすんなり入れました。
P10403550

一日の出来事を妻とも共有して、皆さんが大喜びしてくれたことに満足しつつ、そして、こうした方がいいよ、と助言してくれた妻にも感謝しつつ、一日を終えました。

ミュニパスポートが、実は元が取れなかったのが残念だったけど、それ以外はサンフランシスコのメジャー処をおさえた中々のコンダクターだったかなと、自負。

お二人からも、副業でSFO空港で日本人向けに看板を出して、ツアコンやったらいいと思いますよ!とまでいわれました(^_-)
お世辞だとは知りつつも、悪い気はしなかった土曜日でした。

本物のツアコンの方?モデルコースにいかがでしょう!?、笑。

案内しつつ、自分もしっかり楽しめるこの街。本当にいい街だと思います。
さて、次に案内するのは誰だろう!?
そのために、もう少しサンフランシスコを知っておこうかな、と!

つづく。

CXWORX初体験!そして、苦笑いのVINYASA YOGAで、筋肉痛へまっしぐらの巻

先週の日曜の朝。苦笑いしたVINYASA YOGAのはじまる前、同じスタジオが結構賑わっていた。なんだろ?と思って、今朝チャレンジしてみた。

CXWORX

30分間の短いプログラムだけど、やられました。
いわゆる筋肉いじめ系。
チューブを使って負荷もかけたりして。

調べてみたら、Youtubeにもありました。
CXWORX。こんなやつです!

アジア系の切れ長の鋭い眼光の女性の先生。
流行の曲に合わせて、いやー、腹筋やら脚やらコアやら。
とにかく涼しい顔で我々を先導する。
「Good WORK!!」
ひぃーーー!

到底全部はついていけず、休み休みやってもーた。
白人の皆さんも、時々、奇声をあげ、苦しそうだった人も。

でも、年配の方などで、涼しい顔でやられているおばさんとかを見ると、なんだか自分が情けない、笑。

途中、ADELEのRolling In The Deepの時は、思わず口ずさみつつチャレンジ!
ノリ的には、GroupPowerとか、BODYPUMPに近いかな。

横をみたら、次のVINYASA YOGAの先生も受けてたっけ!
で、続いて、先週に続き1時間半のVINYASA YOGA。

DEBORA先生、
「いい準備運動だったね!」
と、再び不敵に笑いつつ、、、

こちらも筋肉駆使系のパワーフロー。

ハーフムーンとリバースハーフムーンを交互に5回繰り返したり、
プランクなどもホールド長め。

後半では、壁を使ってドルフィンとかの練習も。
あえなく断念し、ショルダースタンドしていた私、笑。
妻は、ドルフィンチャレンジしてましたよ。

驚いたのが、自力でブリッジができたってこと。
もしかして、腹筋をいろいろといじめていたことで、逆に反る時に有効なのかしらん?
なんだか不思議な感覚で、思わず
「できたー!」
と、いつもの通り後屈が得意で、綺麗なブリッジをしている妻に語りかけちゃいましたよ!

おしまいはオーム3回。おー、やっと終わった、って感じでしたね、今日は。

日曜の朝の2本を終えて一句。

 ややきつめ きっと明日は 筋肉痛

季語なし。
おそまつ。

ではまた!

サウサリート(Sausalito)への船の旅!雲一つない青空とおいしいハンバーガーの巻

サンフランシスコの対岸。ゴールデンゲートブリッジを渡った向こう岸。
サウサリート(Sausalito)の街はある。
Dsc_7182

この街、地中海的雰囲気!とよくいわれる。
そういわれても地中海行ったことないけど、笑。でも、それがわかる街だった。

最初は車でそのまま向かおうと思ったが、フェリーがあるというので、サンフランシスコに車を止めて、フェリーで向かうことに。

昨日は、ここ数日の寒さが和らぎ、空は真っ青。一日中、雲が一つもなかったど快晴!
帰宅後の夜のテレビニュースでも、ベイエリア、もう夏!?絶好の天気!と報じていたくらい。

行きは、こちらのGolden Gate Ferry!
San Franciscoまで車を飛ばし、Pier9前の一日10ドルの駐車場に泊めたのは、前回、初めてサンフランシスコの街歩きを楽しんだ時と同じ。もう常連だな、ここの、笑。
すぐ側のPier1にあるフェリー乗り場から、片道30分。
10時40分発。私たちが乗ったのは、MARIN号!ってそのまんまな名前。
Dsc_7108 Dsc_7109

このフェリーの旅、超超超お勧め!片道10ドル程度。すっかりミニクルーズ的なゴージャスな気分になれます!

バックに遠ざかるサンフランシスコの街。ベイブリッジ。
Dsc_7114 Dsc_7111 Dsc_7120 Dsc_7129

少し進むと、左手にゴールデンゲートブリッジ。
Dsc_7124 Dsc_7137 Dsc_7138

あっという間のサウサリートの街は、丘にちらほらと家が見えるオシャレな風情。
ほほう、なるほど、こりゃ芸術家も多く住むという理由もわかる。
Dsc_7136 Dsc_7145

お得意のアングルで、フェリー乗車記念。Sausalitoの港にて。
Dsc_7150

このSausalito。ブリッジウェイという道路に沿ってこじゃれた街が佇んでいる。
ビジターセンターで、地図をもらえて、しばしにらめっこ。
Dsc_7154

まずは腹ごしらえということで、名物のハンバーガーをいただくことに。
店の名前、そのものずばり、HAMBURGERS!手作りしている店員さんを眺めつつ、やや行列!そしてげーっと!
Dsc_7156 Dsc_7155 Dsc_7161

へへ、カリフォルニアっぽいハンバーガーでしょ、今回の旅のベストショットかな?笑。
Dsc_7162

少し歩くとヨットハーバー。しかも1つじゃなく、たくさん。
Dsc_7164 Dsc_7176 Dsc_7177 Dsc_7178

それはそれは沢山のヨット。いやー、確かに地中海っぽいかも。きっと地中海もこうなんだろうな!ってことで、自分のヨットでもないのに、ちょこっと失礼して、ぱしゃり、笑。
Dsc_7171

ちなみに、ボートハウスといって、お住まいを構えているお方も。
なんでも、税金がかからないんだとか!?
Dsc_7173

しばしブリッジウェイと並行するサイクリングロードのようなところを散歩。
Dsc_7174 Dsc_7183 Dsc_7184_2 Dsc_7186

既にビーチでは、夏を待てない人たちが。カヌー教室もやってました。
Dsc_7179 Dsc_7180

こんなカップルや、こんな女性も!!!はやくね!?
Dsc_7181 Dsc_7185

ま、これだけの天気なので、これまた人気のアイスクリーム屋さん、LAPPER’S ICE CREAMに行くことに。
天気のせいもあり、すごく行列してましたよ。
帰りのフェリーを眺めつつぱしゃり!
Dsc_7188_2

帰りのフェリーは、時間的に行きと違うフェリー会社のフェリー。
15時発。BLUE & GOLD FLEET。
行きとは違う、Pier41に戻るフェリーで再びサンフランシスコへ。
Dsc_7210

もちろん今度は近づくサンフランシスコの街に心躍る!
Dsc_7199_2 Dsc_7209_3

アルカトロズ島をバックに、ぱしゃり!ええ天気や!
Dsc_7205 Dsc_7213_2

たどり着いたSan Franciscoの街は、もうチューリップが満開というか、もうぼちぼち枯れ始め。春爛漫!
Dsc_7219_2

ベイブリッジの側の港は、絵葉書のような風情。
Dsc_7231 Dsc_7229

かもめよ、サンフランの港に何を想う!?
Dsc_7232 Dsc_7234

ということで、快晴の土曜日。日本でいう所の桃の節句のベイエリアの旅。
日頃のストレスもすっかり忘れるすばらしい一日でした。

このエリア、まだまだ奥が深そうです。
当然、また来ます!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

お気に入りの持ち物

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック