フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

« Breeders' Cup二日目、快晴のSanta Anita Parkで、競馬の祭典完結の巻! | トップページ | ハリウッド、ビバリーヒルズ、来て来て来て来てぇサンタモニカ、うーん、カリフォルニアやねぇの巻 »

スペースシャトル、Endeavourを生で観たゾクゾク感の巻

宇宙飛行士になりたい!
男の子なら一度は夢に描いたことがあるのでは?私も子供の頃、そう思っていたことがある男の子の一人。

平日にお休みをいただいた11月1日。1が並ぶめでたい日。
お目当ては、先にレポートしたブリーダーズカップ参戦だったんですけど、非常にタイミングよく、10月末から一般公開となったスペースシャトルがロスにいるぞ!ということで、子供の頃の夢も思い出しつつ、宇宙に思いをはせながら、行ってきました!

California Science Center.
Dsc_0308 Dsc_0312

背中がゾクゾクするというのは、このこと!
うまくいえないけど、本物の迫力に、ものすごく感動しました。
百聞は一見に如かずで、ご覧あれ!
Dsc_0335 Dsc_0348

この実物に出会う前、ある意味もったいぶるなぁ、といえばそれまでですが、、、
実際のタイヤとか、トイレとか。
Dsc_0314 Dsc_0315 Dsc_0316 Dsc_0317

それからこのCalifornia Science Centerまで一般道を通って移動した際の実写フィルムとか、なかなかに楽しませてくれる演出。
Dsc_0319 Dsc_0320 Dsc_0321

歴代のクルーの写真もあり、毛利さんも発見しましたよ。
Dsc_0318

そして、堂々とした本体とご対面。
もう一度いいますが、本当に背中がゾクゾクしました。
Dsc_0322 Dsc_0323 Dsc_0325 Dsc_0328

宇宙への夢を乗せて、そして宇宙に実際に飛んできたこのスペースシャトル。
アメリカの強さも感じましたね。
Dsc_0330 Dsc_0332 Dsc_0344 Dsc_0349

で、このCalifornia Science Centerで、年末まで開催していたクレオパトラ展も観てみました。
Dsc_0376_2

謎の多い美女。クレオパトラ。
そのクレオパトラがいた時代。古代にこれだけのものが存在したのかと思うと、エジプトの凄味を感じざるを得なかったですね。
Dsc_0352 Dsc_0356 Dsc_0357 Dsc_0358

今でも売っていそうなアクセサリー。すごいですよねぇ。
Dsc_0361 Dsc_0364 Dsc_0365 Dsc_0366

どうしても顔がわからないというクレオパトラ。
Dsc_0367 Dsc_0368 Dsc_0369 Dsc_0370

でも、コインやら、そして、こうした像にその謎の多い美女の面影があるのかも。。。
Dsc_0372_2 Dsc_0373

あ、こちら、そっくりさん大会じゃないですよ、笑。
我ながら兄弟か!?的な、笑。
もしかしたら、私の前世がエジプトにいて、クレオパトラに会ってたりして、笑。

Dsc_0375

California Science Center、このほかにも楽しい場所がたくさん。
お子様連れにも楽しめるおすすめスポットですね。
Dsc_0377 Dsc_0378 Dsc_0379 Dsc_0380

車なんかも持ち上げられますよ!童心に帰った私達。へへへ。
Dsc_0311 Dsc_0383 Dsc_0387 Dsc_0389

宇宙服も着たりして、笑。
Dsc_0382

大満足したその日。ホテル近くにある日本でもおなじみの小龍包といえばディンタイフォンに足を運びました。
ロスにもあるんですねぇ。ふりがなが、カタカナなんですけどぉ、、笑。
Dsc_0391

アルコールが置いていなくてビールが飲めなかったのは残念だったけど、料理は日本のディンタイフォンよりも確実に上のお味でした。
小龍包など、スープたっぷりで抜群!それを証拠に中国系の皆さんがたくさん訪れていましたし。ロスに行ったら、また行ってもいいな!って思いました。
Dsc_0392 Dsc_0400

ということで、宇宙、古代、そして現在の舌鼓。
抜群の休日になりました。

是非、ロスへ行く機会があったら、この日のコース、行ってみるといいと思います!
ではまた!

« Breeders' Cup二日目、快晴のSanta Anita Parkで、競馬の祭典完結の巻! | トップページ | ハリウッド、ビバリーヒルズ、来て来て来て来てぇサンタモニカ、うーん、カリフォルニアやねぇの巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

でっか!!
いいなー、スペースシャトル。みたいなぁ。

クレオパトラって実はブスだったんじゃない?爆。だから顔出せないとか、ぷぷぷ。

ホント、アメリカはでっかいどーー!(あ、北海道だった。

ぶんさん、さすがの分析ですなぁ。
なるほど、あえて自分の顔を出さないようにしたのは、そういうことか。
クレオパトラに対する新説として登録されるかも、笑。

ほんと、アメリカは歴史は浅いが、やることいちいちでかいです。
こっちで、ぶんちゃんと一杯飲みたいよ、まじで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206390/56075498

この記事へのトラックバック一覧です: スペースシャトル、Endeavourを生で観たゾクゾク感の巻:

« Breeders' Cup二日目、快晴のSanta Anita Parkで、競馬の祭典完結の巻! | トップページ | ハリウッド、ビバリーヒルズ、来て来て来て来てぇサンタモニカ、うーん、カリフォルニアやねぇの巻 »

お気に入りの持ち物

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック