フォト

MyTweet

無料ブログはココログ

ヨガ

ヨガはスペース!峯岸先生、関内BMYスタジオの締めヨガで、ゆめよが再開?の巻

ゆめよが。

我ながらよいネーミング。久々にブログ書きたくなった。

きっかけは、やはり、峯岸道子先生。ヨガ。
一応、ブログタイトル、「ゆめよが」だしね、笑。
あれ?書くの1年10ケ月ぶりか、笑。

ってことで、久々にキーボードを叩いてみる。

関内のBMYスタジオ。
野毛山とのツートップでまわしているスタジオを、今週で閉める決断をした峯岸道子先生。

関内スタジオでの締めヨガを、と思い、最後の日曜日の午後の場を選んだ。
タイトル、「何も考えず 無心で味わう峯岸スタイルのフロー」、だ!

何回来ただろう?9階にあった時代もあったな、そんなことを感じつつ。
エレベーターを降りて8階。
まだ前のクラスの締めをやっていた。

今をときめくヨガ棒のクラス。
時計の針は、もうクラス終了時刻を過ぎていたが、峯岸先生の落ち着いた声がスタジオに染み渡っていた。

何やら視線を感じたので、ふっと見てみると、ぺっぴんさんが私たちを見上げて座って待ってた。
「あ、ゆきちゃん!」
大声をあげられなかったが、心の中は叫び声!

大声をあげたのは、押し気味の前のクラスが終わったあと。
妻も一緒に、意外で嬉しい再会を懐かしむ。
「何年ぶりかなぁ?」

時は流れ、ゆきちゃんは、もうママになった。
でも、まったく変わってなかったね。べっぴんさん!

あ、ゆきちゃんは、ヨガ友。
白馬のサラブレッドではありません(古い)!
Yoginiの笑ってヨガとも!で、バトンを渡した、文字通りヨガ友のヨギーニ!(もう5年半前なんだな、あれから)

ってことで、久々の再開で、期せずして、妻とゆきちゃんと、3人並んでの同窓会ヨガ。
2時間のヨガは、久々の身体には長めかと思ったが、このスタジオの空間、雰囲気とともに、味わいつくしてみる。

のっけから、とつとつと語る峯岸先生。

関内のスタジオの9階を借りる前、そして借りた頃。
8階に場を構えた頃。

そうそう、Yoga Festが横浜に来る前、東京開催。赤プリでやってた頃。
そんな懐かしい頃の話を、その頃の想いと共に語ってくれた。
Steve Jobsも登場したっけ。

はじめてだな、こんな胸の内を明かしてくれたの。
Img_3436_2

Yoginiのヨガともで記した通り、ヨガとの出会いをくれたのは峯岸先生。
ゆきちゃんと会えて、、ヨガ友のバトンを渡したのも峯岸先生つながり。

そんな峯岸先生の、私にとっての関内ラストヨガは、、、

 ・ぱっぱらぴー。
 ・坐骨ロンパリ。
 ・カトちゃんペ。(これはかなりメジャーになったかな?)

そんな峯岸語録と、多数決で選ばれたクラシックの音に揺られ、あっという間の2時間。
久々に心地よい汗をかいた。
ひざ裏、腹周り、首に肩に背中。肩甲骨もちょっとは動いた。久々にスペースを感じた。

そう、峯岸先生の、今日のテーマはスペース。
いや、今日だけではないな。
いわゆるアーサナを極めるヨガではなく、
自らの解剖学の知識から辿り着いた、今の峯岸先生のヨガのベースだろう。

正直、音楽にあわせて、流れに流れるダンスのようなフローもやってみたいけれど。
今の峯岸先生は、ダンスのようなフローではないのだろう。

スペース。

それは、峯岸メソッドなどと軽々しい言葉であらわしてはいけない、
峯岸道子という一人の人間の生き方がつまった言葉だと感じたスペース。

今週、関内の8階のスタジオは幕を閉じる。
Img_3448

やはり寂しさはあるけれど
峯岸道子に、新たなスペースが出来る!そういうことだったか。

スペース。

新たなスペースを得た峯岸道子。
そんな先生が、もうひとつのスタジオ、横浜・野毛山という空間で、どんなヨガを展開してくれるだろう?

スペース。

英語で、宇宙という意味もある。
無限の広がりが、峯岸道子の、まさにホームグラウンド、野毛で味わえるんだ、と確信した日曜の昼下がり。

よいヨガの時間だった。

峯岸先生、関内BMYスタジオ、一緒に今日のスペースにいたみなさん!ゆきちゃん、そして、我が妻よ!ありがとう!
Img_3439 Img_3445 Img_3442

そんな余韻に覚醒され、さて、私も「ゆめよが」、再開しよう!

次は競馬ネタかな!?笑!

#追伸
さっき、引き出しを見たら、スタジオ初訪問時のチケットが!!
2005年10月2日。これが私の初スタジオ訪問だったようです。まさに10年ひと昔でした。

Img_3451

To Be Continue!!!

峯岸先生に会えたYoga Journal Conference San Francisco 2013!Jason, Shiva, Cyndiで、満足の巻

年が変わって、ブログ更新してなかったな、、、
ってことで、久々に。。。

久々と言えば、1年3ケ月振りに、峯岸先生に会えました(^^)/

Yoga Journal Conference in San Franciscoに参加するためにサンフランシスコに来た先生。chama先生など、毎年のように参加されているようで、今年も。残念ながらお見かけしなかったですが。

峯岸先生から予定を聞いたのは、1年3ケ月振りの一時帰国を決めちゃった後。だから、ゆっくりと会うことは出来ず、かつ、こちらが1日先に日本に帰るという、タイミングの悪さになっちゃいましたが、とにかく会えたのです。
違うレッスンをとってたので、クラスの合間に少しだけ。

何だか照れくささも感じつつ、ちょこっと久々の「峯岸道子」撮影も!
相変わらず撮っていてワクワクさせてくれる魅力があります。
ってことで、峯岸コレクションフォトちょこっと追加です、笑。
今度はタイミング合わせて、ゆっくり来てもらって、是非、いろいろな場所で写真を撮りたいな!
P1080060_2 P1080079_2 P1080099

さて、そんなYoga Journal Conference San Francisco、なんだか落ち着いた雰囲気のとてもよいイベントでした。
土曜日の3レッスンを楽しみました。1本が2時間なので、昨日は6時間ヨガを楽しんだということに。やってる時は、軽めの動きのクラスだと思いましたが、やや筋肉痛が残る日曜の昼下がりです(・・;)

さて、3本を振り返る今年一発目の「ゆめよが」のヨガネタ。

■Jason Crandell
レッスン開始前、廊下でJason先生にすれ違って
「Hi Jason!」
と声をかけたら、覚えていてくれて、夫婦ともどもハグのご挨拶!

Jasonのレッスンの組み立ては、人にわかりやすくヨガを伝えるということに執念すら感じる。英語がまたクリアーでわかりやすい。
地元カリフォルニア開催というのもあるのかも知れないが、日本で教わった時よりも、語りに自信が増していたような気もした。
P1080046

・鏡と関連づけた呼吸の話。
・そこからつながる太陽礼拝時の呼吸。
・チャトランガ、プランク、ジャンピング。ふーむ、確かによくわかる。

決して難しい動きの話ではないんだけど、ベーシックなアサナの深さを感じたし、
目からうろこの2時間。
Jason、ありがとう。

■Shiva Rea
生演奏も交えて、マントラを唱えながらのフロー。
P1080051

波のように動きつつ進めるヨガは、意外にきつさもあった。
トランス状態か?的なヨガ。
P1080049_2

■Cyndi Lee
一見、怖い表情のおばさま。
しかし、始まってみると語りも面白いし、独特のユーモアも交えたフロー。
また受けたいな、と思わせてくれる先生でした。

部屋が暖かかったこともあるが、少し汗もかいた。

たまたま合流した、Jasonの奥様、Yoga JournalのAndreaさんも開始直前に遅れて参加されました。Jason同様に我々のことを覚えてくれていて、終わった後、ハグでご挨拶。
赤ちゃん誕生のお祝いを伝えられてよかった。
P1080103 P1080104

初のアメリカでのヨガイベント参加だった今回。来年もこの地にいるかどうかわからんけど、いたらまた来たいと思わせる落ち着いたよい雰囲気のヨガの集いでした。

タイトルがConferenceとFestと違いはあるので比べるのも変な話ですけれど、日本のヨガフェスタのお祭り的雰囲気も悪くないですが、こちらの落ち着いた雰囲気もよろしいですね。

おっと、ぼちぼち1年3ケ月振りの一時帰国です!
今夜、18時。サンフランシスコから飛びます。

帰国休暇という名目ですが、会社にも顔を出さねばいけないし、健康診断も。
ゆっくりいろいろな人に会いたいけど、あまり時間がなくとんぼ返り。

さて、どんな帰国になりますかね。確実に寒いことだけは確かのようですが、笑。
期待と不安が錯綜する、そんな日曜の昼下がりです。

ではまた!

San Francisco Twin Peaksからの2013年の初日の出!のち、初ヨガ!さぁ今年もいくぜ!

Dsc_2343

昨年は単身赴任期間中。一人で見に行った。
今年は妻と二人。

サンフランシスコの街並みを見下ろすTwin Peaksの丘の上。
日の出は7時20分過ぎ。今年は、やや山際に雲あり。

太陽が出てきた瞬間、妻の歓声と笑顔!
太陽から力をもらってくれたかな?

あ、もちろん私も力をもらいました!
え?どこからですって?太陽と妻の笑顔ですよ、笑。

昨年の方が快晴といった感じでしたが、今年も神々しい太陽!P1080008_2

初日の出の数時間前の、2013年へと日付が変わる瞬間のベイブリッジをバックにした度肝を抜かれた花火!
そして、この初日の出。

縁起物を身体いっぱいに浴びた後は、ホテルをチェックアウトして、近くのスポーツジムへとんぼ返り。
特別クラスが組まれていたので、初ヨガ。2時間クラスだったけど、20分遅刻。
だけど、Misako先生は、久々に対面する私の顔を覚えてくれていて、にこやかな笑顔!

そのMisako先生のオーソドックスなヨガ。
ハーフムーン、ウォーリア2、トライアングル、ウォーリア3、ガルーダ。
しっかりと身体をほぐしてくれました!

ってことで、今年も色々ありそうですが、「ゆめ」流で参ります(^^)/
P1080014 P1080018

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

ピジョンはデザート!?久々のヨガ話の巻

最近、ブログタイトルにも関わらず、あまり話題にしていなかったこともあり、今宵は久々にヨガのことを。

週末で2本のヨガ。久々に遠出もせず、近場でまったりとした週末。

土曜日は、Grace先生。日曜日はDebora先生。
それぞれ1時間半のヨガは、考えてみれば日本にいるときよりも、ヨガに触れる時間が長いんだと気が付く。
日本にいた時は、特別なWSは別にして、そうでなければ日曜の1時間の峯岸道子先生のスポーツクラブでのヨガだけだったもんなぁ。ま、峯岸先生のヨガだから、それはそれで、かなり濃いのだけれど^^;

そうそう、アメリカに来てからのヨガ。何人かの先生から教わったけど、ピジョンを非常に多用することに気付く。しかも長めのピジョン。お尻の硬い私には、イタ気持ち良い感じで、よい按配。

昨日のヨガ。Grace先生、何度か触れてますが、語り口調がたまらなく素晴らしい。
流れるようなリズムでの語りは、心地よい。

そのGrace先生語録。昨日のヨガできつめのアサナから、ピジョンに入った時、

「Coming to well dessert, pigeon break!」

そう、ピジョンはデザートだそうな!
確かにイタ気持ち良い私ですら、結構いい按配なんだから、そうでない柔らかな方々にとっては、極上でしょうねぇ。
なんだか、名言というか、ついついメモしちゃう語録でしたね。

デザートといえば、、、

本日のDebora先生のVinyasa。これは、こちらで教わっている中で一番きついフロー。
後から妻に聞けば、ワタクシ、シャバーサナの時、いびきをかいていたそうな^^;

私にとっての究極のデザートは、シャバーサナかな!?笑。

へへへ。

ヨガフェスタチケット発売記念!渡米9ケ月越え、「ゆめ」のヨガ近況報告

この土日は、近場でブラブラしたけれど遠出はせず。
そんな週末は、近くのスポーツジムのレッスンに出るのが恒例。

最近、食の話題やら、旅の話題ばかり書いているわたくし。
しかし、ゆめよがの本題は、ヨガ。
日常そのものがヨガだとすれば、まあ、食も旅もヨガだとは思うが、、、とは、こじつけか?

日本では、ちょうど今頃、ヨガフェスタのチケットが発売されているとのことで、
ヨガフェスタチケット発売記念!(なんも関係ないか、笑)
久々に、土日のヨガ体験を書いてみます。

・土曜日、Gracie先生、VINYASA FLOW
渡米して教わっているヨガの先生の中で、実は私が一番好きな先生がこちら、Gracie先生。以前も書いたが、とにかくなめらかな語りが、私の波長と合うのだ。
別段面白いことをいうわけでもないが、何と表現すればいいか?語りそのものが、音楽のような感じ。

口癖は、「Beautiful Guys」,「Good」,「That's it!!」

ピジョンの時、ほぼ確実に私の腰をジワーッと、Pushしてくれる。
相当デッチリなんだろうな、笑。

きつめのフローというよりは、基本的なフロー。
静かに始めて、じわじわとつなげて、笑顔で終わる。
そんな感じ。

今週は、ピジョンで腰を押してくれなかったけど、笑。
妻曰く、シャバーサナでいびきをかいたくらいなので、しっかり楽しめた証拠なり!

そして、大勢参加していた人から、期せずして拍手で終わった土曜日のヨガ。
いいヨガでした。

・日曜日、Debora先生、Vinyasa Flow 2-3
2週間程、バケーションをとっていたDebora先生。
我々も、代行の間は日曜のヨガは行かなかった。3週間ぶり。
どうやら、同じようにDebora先生を待っていたメンバーもいて、
「先生は、バケーションを取ってはダメ!」
と、言っている人も。先生冥利に尽きる褒め言葉ですね。
でも、ま、たまには休ませてあげてね、笑。

Gracie先生とは違い、ややポップな音楽で、VinyasaをスタートするDebora先生。
今日は、前半からヘッドスタンド入れてきた!

途中も、さすがにVinyasa Flow 2-3という中上級のクラスなので、きつめのフローで不敵な笑みで攻めてくる!

アメリカに来てから、実は日本にいるときよりもヨガをする時間が増えているのかな?
そのおかげだろうか?

最近、バックベンドが自力で出来るようになった。
ハーフムーンも、非常に気持ちがよく拓く!
三点倒立もへっちゃら。
エカ・パダも、脚はまっすぐじゃないけど、今日出来たし。

なんだか、肩回りが、以前より動く範囲が広がった感じなのだ。

アーサナが出来たからどうだ?というわけではないが、なんだか変化がうれしいのだ。

ただ、座位の前屈系は相変わらず。
おいおい、垂直に座ってるだけやんか!的で、自分でも可笑しい、笑。

我が脚は、あらためてスタジオで鏡をみて気が付いたが、かなりO脚でゆがんでいる。
長年の暮らしが、こんな脚を作ってしまったんだなと。

シャバーサナでは、今日も睡眠。
最後は、オーム、シャンティーで締め。とにかく心地よい。

変化を楽しみ、そして、自らを振り返り、とにもかくにもすっきりする。
ヨガって何なんだろう?
ということで、特に流れのないヨガ報告でしたが、お許しを!

ナマステ!

ベッドに花びらも!シカモア温泉で、ディナー・温泉・安眠・トレッキング・ヨガ・再び温泉でとんぼ返りの巻

お目当ての宿、シカモアミネラルスプリングスリゾート!
Sycamore Mineral Springs Resort
http://www.sycamoresprings.com/

初日。

結構ドライブに時間もかかり、7時過ぎに到着。
ロマンスパッケージというプランで予約していたので、部屋のベッドは、新婚さん状態、笑。2階建ての部屋だったのだけど、階段にも花びらが!オシャレねぇ。
Dsc_8746 Dsc_8759 Dsc_8761 Dsc_8762

7時半にディナーを予約していたので、そちらへ急ぐ。
こちらも、予約時に記念日だと伝えていたら、オプションプランを提案してくれていて、その提案にのってたら、テーブルにはお花!シャンパン2杯もついて、かんぱーい!
Dsc_8749

ステーキを今日はきらしていて、やむなく注文したポークが絶品!やや甘味のある味付けも非常によく、これならまた食べてもいいな、と。デザートも食べて、ワインもいただき、大満足!
Dsc_8755 Dsc_8756

部屋に戻って、部屋の後ろに専用のジャグジーがついていて、そちらで露天風呂を楽しむ。お湯とお水を捻って、しばし待機して、、、解放感の極み、ドライブの疲れも癒える露天風呂でした。
Dsc_8803 Dsc_8804

実は、宿泊プランにシャンパン一本が部屋にサービスされてましたが、本日はディナーでワインとシャンパンをいただいていたので、無理せず持ち帰ることに、^^;。

ということで、初日はおしまい。

二日目。

朝起きて部屋のすぐ側から続くトレッキングコースを散歩。
どうですか、この霧!
Dsc_8770 Dsc_8773

晴れていたら海が臨めたはずなので、ちょっと残念だったけど、、、
往復1時間弱で山頂までいってきました(^^)/
山頂では、うさぎにも遭遇!自然やねぇ。。。
Dsc_8767 Dsc_8768 Dsc_8769

それから、近くにLabyrinthがあるというので、行ってみると、、、おお不思議な感じの所。こういう場所にくると、やはり瞑想か!?
中心部には、お約束のコインを置いている人が!!!万国共通か!?
Dsc_8786 Dsc_8785 Dsc_8790 Dsc_8779

神聖な雰囲気なので、ガルーダ、瞑想としゃれ込む。
Dsc_8782 Dsc_8788_2

妻も瞑想。
Dsc_8789 Dsc_8783

そして、木になってみたり、笑。
だって、ゆめよがですもの、笑。
Dsc_8784 Dsc_8793 Dsc_8795

その後、宿泊プランに入っていたヨガへ!
ゆめよが冥利につきるプラン。
Dsc_8775_2

なかなかのヨガドームを従えて、参加者6名のこじんまりとしたGentle Yoga!
P1050096 P1050097

ヨガドームの中は、こんなしゃれた掛け軸もあり、先生も非常にベーシックな動きを丁寧に教えてくれて、トレッキング後の身体にちょうどよろしかったっす。
P1050098 P1050099 P1050100

そんで、こちらは日帰りでも楽しめる水着を着用して入る温泉に駆け足で潜入。
お、硫黄の香りがほのかに。
そしてこんな感じの所。
P1050101 P1050111 P1050109 P1050110

水着着用とはいえ、朝の温泉。
トレッキングとヨガの後の温泉。まさに、リトリートやね!
P1050106

ということで、シカモア温泉、お勧めですよ!
ヨガリトリートの会場としてもよろしいかと。
海外ヨガリトリートをお考えのヨガ関係の皆様、いかがでしょうか!?、笑。

Dsc_8776_2 Dsc_8798

つづく。

ヘッドスタンド出来た!の後は、今週もLos Gatos、その名もLos Gatos Cafeでブランチの巻

土曜の午前のESLの先生、Billという気さくな男性。

そのBill先生に、先週のLos Gatosのお寿司屋さんの件を話をしたら、Los Gatosなら、いわゆるアメリカンブレックファストで有名なお店があるよ!アメリカンフードが嫌いじゃなければおすすめだ!と教えてくれた。

ええ、嫌いじゃないですヨ!

ってことで、日曜日のヨガ、Debora先生のVinyasa Yoga2-3を受けた後、いってみることに。

そうそう、本日のヨガ。
Los Gatosランチの前に、Debora先生のヨガ、代行明けの久々のレッスンだった。
時間になると、おもむろにサンサルテーション系フローを始めるのは、いつものこと。
音楽が準備できたら、その音とともにフローを始めるのが特長!

今日もきつめのフローで、時折魅せる不敵な笑顔は健在!
昨日のヨガは非常に睡魔が襲ってきて集中できなかったんだけど、今日は疲れも取れていたのか、集中できた。

ツイステッドクロウもそこそこ出来始めているし。

後半戦、ヘッドスタンドを練習していたら、、、
お、脚が浮きそう!お、浮いた!あ、出来るかも、あ、出来た!
ってことで、本日、自力でのヘッドスタンド初完成記念日(^^)/

それからLos Gatosへは20分程のドライブ。妻の運転で到着!

お目当てのLos Gatos Cafeは、テラス席含めて満席!人気なんだな。
お昼の3時までのお店。朝とお昼とブランチと。ここに絞ったお店。
犬の散歩中の方も結構多く入店されてましたね。
Dsc_7748 Dsc_7753 Dsc_7750

二人してややトッピングは違うが、エッグベネディクトにチャレンジ!
これです!
マフィンの上にポーチドエッグとハムなど。
ブランチによろしい!
ちょうどお腹いっぱいになるくらいの量。
アイスティーを2杯飲んで、お腹もすっきり。
Dsc_7751

で、ロスガトスの雰囲気のよい街並みを散歩して、またまた日曜日の気分転換完了!
Dsc_7754 Dsc_7755 Dsc_7756 Dsc_7757

しかしESLは、こうした地元情報の収集として役に立つんだなぁ。
英語の方は、まだまだだけど、意外な収穫が多くてうれしい。

後4回。皆さんにお勧めの場所を聞いてみよーっと。

初メディテーションWSと、パワフルなヴィンヤサの不思議な関係の巻

この週末も天気がよい。
朝晩は羽織るものがあってちょうどいい感じだが、昼間はもうTシャツ一枚。
カリフォルニアの夏が近い。

土曜日、キャンベルにあるスタジオに足を運んだのは、日曜日に「不敵な笑み」でVinyasa Flow 2-3を教えてくれているDebora先生がメディテーションのWSをやるってことで、申し込んでいたから。

ちなみにDebora先生のサイトはこちら↓
http://spiritualwellnessctr.com/

正直いえば、普通のWSかな?と思ってたんだけど、よくみるとメディテーションのみのクラスだったわけだけど、^^;。

キャンベルのダウンタウン、初めて行ったがやや高級感のあるオシャレな街。車を止めるのに難儀した。それと、スタジオの場所が今一つわからず歩いていたら、レストランのテラス席でランチをしていたおばさんが、ヨガマットを持ってうろついている二人の姿でぴんときたのか、「その向こうの建物の2階よ!」と教えてくれる親切は、非常にありがたかった。

冒頭、Debora先生が、こういうWSは、実は初めてやるっていってた。
だからわくわくしてるって。

チャクラの一つずつについて説明をして、その後、瞑想とその瞑想の途中で語りを入れる形式。私達夫婦が参加したのは、チャクラの4から1までの4つ。
当たり前だけど、全部英語の説明なので、ある土曜日の午前中に参加しているESLのクラスの続きのようでもあるが、興味深かった。

第3のチャクラかな?ダニエルというエンジェルの時、なんだか妙に集中できたのは何故だろう?後の時には、なんかいってるな?くらいだったんだけど。。。
2時間半のクラス。メディテーションだけに絞り込んだWSは初めて受けたけど、こうしてまとまってじーっと考える時間が持てたのはよかったな。じっくり考えられている時間と、余計なことしか考えていない時間の混在。瞑想というにはほど遠いんだろうけど。

ちなみに、スタジオの場所を教えてくれたおばさんは、実はこのWSの参加者だった。
不思議な縁を感じましたね。もちろんありがとうをいっておきました。
「See you tomorrow!」とDebora先生にお別れして、初メディテーション終了。

明けた日曜日。
Vinyasa Flow 2-3 Debora先生

今朝はそこそこ睡眠時間は取ったんだけど、なんだか眠気が取れていない朝だったんだけど、ヨガ自体には非常に集中でき、身体もすっきりした。

時間になるとおもむろに深い呼吸からVinyasaを始めるDebora先生!
きつめのアーサナの時は、必ず微笑む!
今日もそれは健在。昨日のメディテーションの先生と同一人物とは思えない、笑。

そうそう、ツイステッッドクローが、左右共にできたのは実は今日が初めて。
脚の下で手を回して捻るアサナも、以前よりも肩がぐっと入るようになっていて、なんだか少しだけど身体がほぐれてきているのを感じる。

終わってシャワー浴びてジャグジーで筋肉をほぐして、さて、ちょっとドライブでも行くかな!という気分にしてくれた今日のヨガ。

土日にわたってDebora先生、どうもありがとう。

渡米後、初めて汗をかいたかも、Vinyasa Yoga 2-3!

音楽の好きな先生。
途中、大好きな曲がかかった時、一人でリズミカルに踊り始めた。
これが、また、様になる!
「みんなはヨガをやってね!」
と、お茶目。

BGMの1曲に、Sunday Morningを持ってくるあたりも、なかなかなのだ。

黒人独特の音感の良さ、そして、素晴らしい身体の作り。
黒人の女性からヨガを教わるのは初めての経験。すごくいい先生だった。
チャトランガなど、美しさを感じた。

日曜のVinyasa Yoga2-3は、上級者向け。
いつも、不敵な笑みで私たちをいじめる!?Debora先生がお休みで、代行だったってわけ。

Vinyasa Yoga 2-3、Adrienne R.先生。

「これ、2ー3のクラスだけど大丈夫?」

参加者。特に返事なし。

「じゃぁ、壁にマットをつけてハンドスタンドから!」
と、いきなりのいじめ。

でも、オプションを用意してくれて、難しい人は、壁に背中を向けてダウンドッグをして、そのまま脚を90度にして壁につけることでいいと。
どうやら、これで参加者のレベルを見てたってことかもな?

で、一通りハンドスタンドを終えたら、すぐに壁を離れてフローへ。

フローの途中で私の横に来て、
「会うの初めてだっけ?どこかで会ってたっけ?名前は?」
と小声で聞いてくれた。

「はじめてです。あったことありませんよ。私はヒロです!」

それと、妻は水曜日にいつも教えてもらっている先生だということで、私の隣でヨガをやっていた妻の方を向いて、
「(彼女のことは知ってるでしょ)彼女は私の妻です!」
と、わかったようなわからんような応対をしたら、妙にウケていた。
英語がとっさに出てこなかったので、上記の()内を省略したことで、誰もそんなこと聞いてないでしょ!って感じだったんだろうな?
難しいなぁ、英語のコミュニケーションは、笑。

チャトランガからのダウンドッグ、いわゆるVinyasaの王道フローを多用し、その間にいろいろなバリエーションを入れてくれて楽しかった。
結構きつくて、渡米後参加したヨガで初めて、拭きたくなるくらいの汗をかいた。

さすがにきつめのフローを続けた後、チャイルドポーズを挟んでくれたAdrienne先生。
でも、ほんの少しで、
「もう十分ね!、笑」
と、容赦がないのだ、笑!

でも、単なるきつさではなく、流れの中でうまくきつさを入れてくれていて、呼吸とフローを楽しめるヨガだった。

このスポーツクラブでのヨガ。Decathlonのヨガ指導者は、どの人もなかなかすごいと思うのだ。
今日のAdrienne先生も、代行の時にしか受けられないけれど、機会があったらまた教わりたい先生だった!

アメリカ初のヨガワークショップ、Yin Yogaで爆睡!?の巻

半年を過ぎたアメリカ生活。
4月に入り、10週間だけど、土曜日にESLのクラスに通いはじめたこともあり、しばらく遠出は出来ない。

が、いよいよ春が来た感じ。じっとしているにはもったいない感じ。
ずーっと週末に雨や曇り、それから2月に雨が少なかった帳尻を合わすように3月から4月が肌寒い感じの日が続いた。

しかーし、ついに、本日の最高気温30度!きたーーー!
カリフォルニアはこうでなきゃ!
ちょっと極端過ぎだけどね(^_^;)

でそんな解放感の中、アメリカ初のヨガワークショップ参加。
というか、ヨガスタジオに行くのが初めてだったな。

Misako Matsuoka先生、Yin Yoga for Springtime!

Misako先生、名前は完全に日本人なんだけど、まったく見た目はそうではない。
こんな感じ→ http://sunheartyoga.com/about/

金曜の夜、スポーツクラブで教えてくれている先生。
車で20分ちょっといったロスアルトスでワークショップをやるから、という話を聞いていて、それでいってみたわけ。

1時半開始だが、1時に到着。ちょっと散歩しようかと思ったら、Misako先生が我々を認識してくれていたようで、声をかけてくれ、はやめにスタジオ入り!

インドのお茶を振舞ってくれた。ストレスを取ってくれるお茶!とのこと。
心もあたたまりました。

ワークショップのはじめの言葉。

「春。一日に例えれば、朝。」
「朝が気持ち良ければ一日気持ち良い。」
「だから、Renew,Replenish and Revitalize」
的な、話だった。なるほど。

春に設定したYin YogaのWS。
スタジオには、結構年配のおばあさんもいたし、若い女性も。おばさんも。
男は私一人だったけど、、、

スタジオもすごく綺麗。雰囲気もよくなかなかロスアルトスの閑静な雰囲気にもマッチしていた。
P1040403 P1040404 P1040405

グッズもたっぷりあって、ボルスター、ブロック、それから、ブランケットは一人2枚活用。アイピローまで用意してくれて。

いつもそうだけど、このMisako先生、あまり他ではやらない動きなどをやってくれる。
あら、lululemon(San Jose)のアンバサダーもやってたのね(・.・;)
→ http://www.lululemon.com/sanjose/santanarow/ambassadors/MisakoMatsuoka

今日は陰ヨガということで、じっくりとボルスターに身体をゆだねてジンワリする動きも多かったけど、脚を広げて立って、前後に動くようなアクティブなものも交えてくれていた。

2時間半のレッスン。
最後のシャバーサナ。眠ってしまったような気もしたが、妻曰く、
「いびきかいてた、やめてよー!」
と。

あらあら、そこまで寝てましたか。

妻は、あまりにみっとっもないので、私を起こそうと思ったけど、手も足も届かず、まさかアイピローを投げるわけにもいかず、断念していたそうな。くわばらくわばら、、、

参加された皆さん、失礼いたしました!不思議な音を立ててしまったようで、、、
ま、それだけRenewされたってことで、お許しを!

Misako先生にありがとうをいって、初のヨガスタジオ訪問終了でした!
P1040406

より以前の記事一覧

お気に入りの持ち物

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック